SOUND CREATE EYES
2010年11月28日(日)

エコなN-mode


週末2日間にわたりN-modeの試聴会を開催いたしました。

両日とも大勢ご参加いただきありがとうございました。
1bitのアンプ素晴らしさを体験いただき、すごいデジタルアンプの登場に会場は熱気ムンムン。

いつもの試聴会となぜか違う?


それにしても数ワットのパワーながらドライヴ能力はさすがです。
また布村社長からもエコ商品対象にしてほしいくらいとのコメント。

一月フルに使っても電気代は数百円ですから。納得です。

これからのオーディオの行く末も見た気がします。


(花木)
2010年11月27日(土)

白レバーを探して


人形町にGUSTAVOというイタリアンがあります。
いわゆる「イタリアンレストラン」というよりは、バール的な感じの気軽さで、イタリアのワインと生ハム、サラミ、その他もろもろを食すことのできるお店。
結構気軽なので、友人とよく行くのですが、同じように考える人が多いからか、割と混んでいて入れないこともしばしば。
先日、そこで白レバーのパテがお勧めというので、オーダーしてみました。
友人と2人で口にした瞬間「おいしーーー」!
レバーはどちらかというと苦手で、臭みがすると、「いいけど嫌だな・・・。」と思いながら残すわけにもいかず惰性で食べることが多いのですが、ここの白レバーはすすむすすむ!ベリー系のソースが付いてきて、上にちょっとたらして食べても、と言われ、こちらもオイシイ!!(写真がなくてごめんなさい)雰囲気的にはカモ肉をラズベリーなどのソースで料理するのと似た感じなのですが、このレバー、そもそも臭みがほとんどない。

ここで白レバーを食べる前に、どこかの店で(忘れた)も鳥の白レバーを食べて、「あっ、おいしい!」と思った覚えがあり、お店の人を捉まえて聞いてみればやっぱり鳥のレバーだという。
それで、すっかり私の頭には「鳥の白レバーは臭みがない」とインプットされ、「家で食べたい」となり、実家の近くの信濃屋だとか、成城石井だとか、デパートの地下だとかで色々買ってはためしてみたのですが、あの滑らかさととろける感じはない・・・。
やっぱりどこか臭みがあるんですよね・・・。
もう1件、下北沢のイタリアンの店で、ここでも生ハムやらフォカッチャやらお惣菜なんかを打っているお店があって、何を食べても味が良いので、あそこなら・・・と思い尋ねたらメニューに「白レバー」とある。(このころには、家で食べるということをあきらめ、GUSTAVO以外の店でオイシイ白レバー探しに変更に鳴っている)
やった!と思って注文したのですが、残念。ここは豚さんの白レバーでした。やっぱりちょっと臭い。

そして、私の白レバー探しの旅はいったん終わりました。
(紀伊国屋に行ってくれば?という意見ももらったんですが、出かける場所にないんですよね)
で、GUSTAVOにもう1回出かけ、その旨話しましたら、ここはイタリアの生ハムメーカーとかワインメーカーが出資しているお店で、言わばメーカーのアンテナショップというか、そういう役割も担っているんだそうなんですね。
それで、ちょっとでもおかしなものを出してはいけない!という気持ちが皆さんスタッフの中にあるようで、このレバーペーストに関しても「鮮度」が一番なので、毎日その日のものを作っているんだそうです。
レストランって、皆そうなのかもしれないんですが、なんとなくこのお店はいつも清潔で、メニューは少ないんですけど、小ぶりでちょいと美味しい感じで、あと何より気軽な感じでよいのです。

しかし、おいしい白レバー探しに夢中になっていた時のことを振り返ると、なんとなくオーディオ探求と似たような感じで、おかしなものです。
「もっといい音あるんじゃないか?」みたいな。意外と一番始めに食べたものが一番良かったという・・・。レバーはすぐわかるしそんなに高くないからいいですけど、ケーブルにはまったりするとこんな感じでくたびれ果てる上にお財布もからっぽになりそうで、これなら失敗ないという堅い線にしか手が出せない私です。


GUSTAVO
03-3249-3237
〒103-0013
東京都中央区日本橋
人形町2-3-2 玉英堂ビル2F
定休日 日曜・祝祭日営業時間 17:00 〜 23:30
http://gustavo.jp/index.html
(竹田)
2010年11月26日(金)

葉山のラーメン


今日は閉店後、葉山のお客様宅へシアター調整&設置撮影がありました。

先日スタッフMがそのお客様のご納品に行ったあとに「ご納品の帰り、夜の10時に人が並んでた定食屋があった。並んでたから違う定食屋で食べた。」と言ってて、「葉山ならおいしいラーメン屋さんがあったのに!」と話していたのですが、今日向かう途中に「前並んでたところ、ココ!」と教えてもらうと、そここそが私が推薦していたラーメン屋さんでございました。。。
その名も「あじ平」。たしかにラーメン屋さんっぽくない名前です。

夜遅くまで開いているみたいなので、帰りに寄ること確定!

しょうゆ、塩、味噌と3種類ありますが、味噌が人気で、周りの人もみんな味噌を食べていました。豚骨ベースに味噌が入った濃厚スープに太めのちぢれ麺が良く絡まっていて、とってもおいしい。濃厚だけどしつこくなくて、女の人でもペロリといけちゃいます。一人一人鉄鍋に入ってでるので、スープの熱々さが保たれて、最後までおいしい。冬には最高です。

それにしても、前は木曜日の夜10時ころに並んでたというし、今日も駐車場は満車でしたよ。
葉山のあの静かな土地(駅も近くない)でいつもこんなにお客様がいるのだから、相当なファン数なのでしょうね。

おいしかった〜!!


☆ハゼヤマ☆
2010年11月25日(木)

発見!江戸野菜


京野菜があるように、東京近郊で収穫した野菜を江戸野菜と呼び、
もっと広めようという動きがあるようです。
昔は東京近郊にも野畑が沢山あり、豊富な野菜が収穫されていたようですが、
都市化が進む中、野畑の減少で江戸野菜も薄れていったようです。

先日、お店の近くで以前から行ってみようかと気になっていた居酒屋へ入ると
看板メニューに「江戸野菜 500円〜」。

これなんですか?とお店のスタッフに聞いてみると、
東京近郊で獲れた新鮮な野菜を、その素材の味を生かした食べ方で召し上がって頂いてます、と。
早速、お願いしてみると大きなかごに色々な野菜が、それも余り見慣れない聞きなれない野菜たち。

蕪や大根、ニンジンなど、中でも「ヤドカリ」というカリフラワーの様なものをボイルで頂きました。
甘みがありとても美味しく頂きました。

三浦
2010年11月24日(水)

はじめまして



 朝の寒さが身にしみる今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
今月からサウンドクリエイトにお世話になるようになりました、柳原と申します。

 ひょんなことからご縁が有り、お世話になるようになって早3週間、毎日が驚きと感動です。

 聞えなかった音が聞えたり、あたかも演奏者が目の前にいるような臨場感!
セッティングのちょっとした工夫でこうも変わるものかと!!

 今はまだセッティングの ‘セ’ の字も行えない初心者ですが、知識豊富でチャメッケたっぷりなスタッフの方々にご教授いただきながら、楽しく毎日を過ごさせていただいております。

 若輩者で至らない部分が多々ありますが、皆さまに感動を伝えられるように頑張っていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。


柳原



2010年11月23日(火)

再びMALT


思いのほか好評につき再びMALT

本日は4本ほど、、

まずは、GLENGRANT21年
柔らかいのですが、少しあっさり

BenRiachの12年シェリー樽フィニッシュは口開けでした。
オフィシャルですが、元々大好きなブランド、少し粗さがあるものの
1本買っときたいと思いました。

続いて、PORTELLENのレアモルトシリーズの22年物
61度?カツンと立ってます。本来加水するかじっくり飲むのだと思いますが
サクサク頂きました。

昔から、島系は好きなのですが
最近欲しているのはうまく説明できませんが、ヌメッとした塩っぽさと甘さのバランス。
その旨お伝えして出てきたのがこれ。


HARTBROTHERSのSPRINGBANK

うーん 幸せです。

フジイ
2010年11月21日(日)

THE COOL VOICE OF RITA REYS


秋の夜長にジャズボーカルなんていかがでしょう。(それもレコードがいいですねー)

オランダのジャズボーカリスト「リタ・ライス」のアルバムはおすすめです。
(黒バックに浮かぶ彼女の横顔ジャケもいいです)


「THE COOL VOICE OF RITA REYS」はリタ・ライズの代表作でもありバックを務めるのがアート・ブレイキー&ジャズメッセンジャヤーと聴きごたえあるアルバムです。


彼女はコテコテの色気たっぷりのボーカルではありませんが、さっぱりととしたハスキーな魅力ある歌声がなんとも心に沁みますよ。


My Funny Valentine 必聴です!

(花木)
2010年11月20日(土)

エンクロージャーがモノを言う



今年後半のサウンドクリエイトの動きを見て、「どうした!?」と思われた方も多かったでしょうか?

すっかりヴィンテージの魅力のトリコになっている!?
かと思えば、現代スピーカーの解像度の高さとクリアネスもよかったり、まぁ、今をときめく若いお嬢さんと、人生の酸いも甘いも知っている熟女のお姉様を両手に抱えて、とっても幸せってところでしょうか。


さてさて、もっと最近のクリエイトでは、オリジナルスピーカー製作に大変はまっておりまして、昔のステレオサウンド集めては皆であーのこーの言って、アトリエJe-Teeさんに相談したり、昔のスピーカーに詳しい人に話を聞いて、実験して、デザインして、スタッフ三浦が図面をひいて・・・、次々と色々な形の木やパーツが届いては、男性陣が皆で組み立てて、というようなことをやっておりますです。

先日、私がLegatoへ向かおうと、店を出ようとしたところに大きな荷物が届きました。
円筒を半分に切ったような板が何枚も。高さは150cmくらいあるかしら。
あれどうしたかなーと思い帰ってみれば、既に組み立てられていて、「聴いて、聴いて!」と興奮気味の皆。


これは、ヴィンテージのユニットではなく、現代のモノで、平面スピーカーユニットを取り付けて作られています。
以前から、このスピーカーユニットを、本だとかアクリルだとか色んなものでホーンを作ったり、直立させたり斜めにしたり、様々な実験をし、出来たのがこの写真のスピーカー。
これもまだ製作段階なのですが、・・・これがまぁ驚くこと!!音にびっくりするんですよ!!!
もんのすごい音離れ!!!
音場が、スピーカーのぐわーっと後ろまで広がって浸透性がものすごいある。
後面開放のタイプで、前方がホーンなんですが、これは本当にスゴイ!!


それからこちら。
LINNから新しくリリースされた、大きな埋め込み型スピーカー。
これをはめこむことにして、キャビネットを製作。
これも後面開放で、フロントはホーンですが、後ろから見ると円柱が立っていますでしょう?これは強度をとることと拡散すること2つの役割を担っているんです。(サウンドクリエイトらしいでしょう!?1つで2つ片付けるという・・・)
これは、日東紡の調音材シルヴァンの前にユニット置いてならしてみて、以外にいいね!ということで採用された案なのです。
これも超すごいスピーカーです。
それは、その場にいらっしゃるお客様が皆「すげぇ(基すごい)」と立ち止まってしまうほど。
Legatoにまで、「すごいの聴いちゃった」と教えに来て下さった方もいらっしゃいました。

一番上にも写真がありますが、楕円形のユニット、ドイツ製のRFT L6506は、それこそ様々な形のエンクロージャーを用意しています。

・・・最高のユニットがあって、それを鳴らすベストマッチな箱があったら、スピーカーは期待の何倍も上回る素晴らしい音楽再生をしてくれるわけです。

自作スピーカーを作られる方の気持ちが最近やっとわかってきた気がいたします。
私なぞ、まだまだ勉強中ですが、本当に面白いから是非是非聴きにいらしてくださいませ。
(竹田)
2010年11月19日(金)

明日は何の日。


皇居の周りの木々も秋色に色付き、東京でも紅葉を見れる季節になってきました。
今年も残すところ、一ヶ月少々、これから冬本番の季節になっていきます。

日本には四季がある様に、何月何日は何の日、と商業活性化を望んで
各業界が色々な日を作っています。
明日、11月20日は「ピザの日」だそうです。
先日、なんとなく見ていたテレビでそんな事を言っていました。

ピザの定番のマルゲリータ。
モッツアレラチーズ(白)・バジル(緑)・トマトソース(赤)でイタリア国旗をデザインにたこのピザ。
1890年、ピザをこよなく好んだ、当時の王女マルゲリータにちなんでこの名前が付けられたそうです。
11月20日は王女マルゲリータの誕生日にあたり、ピザの日となりました。

そして、明日、11月20日には銀座松坂屋にLAOXがオープンします。
銀座の百貨店に大手家電屋さんが。
お店にとっての便利になる11月20日です。

三浦
2010年11月18日(木)

ご注文



話題の新製品
NEW LINN AKURATE DS/K
本国仕様と異なる、日本専用スペシャルモデル!!
今までKLIMAXにのみ搭載の、ルンダールライントランスを奢り、
サーキットもワールドモデルと全く別物に変更!

私はOLD AKURATEユーザーなのですが
音の違いに我慢出来ず、、、

ご注文となりました。


フジイ


昨日、CARA10がアップされた様子です。
KINSKY上でiTUNEが再生出来ます。
詳しくは、DSあれこれにて
2010年11月17日(水)

都民の森〜森林セラピーロード〜


奥多摩、檜原にある都民の森の広大な敷地にはブナの原生林を抱え、森を存分に味わえる場所が随所にあります。


森林を歩くいろいろなコースがあるのですが、なかでも「大滝の森(セラピーロード)」と呼ばれる路があります。



全長1Km.片道20分のコースです。


この路はウッドチップが全面に敷きつめられ香しく、それがクッション効果となり脚にも優しいコースとなっています。木の香りとともに森林浴を存分に味わえので気分は最高です。

今は紅葉真最中、路にも落葉してまさにセラピーロードです。

※数日前には峠に熊が出没したそうな。

(花木)



2010年11月14日(日)

満腹、萬福


銀座で安い、オイシイ中華そば屋さんを発見しました。
銀座2丁目ですが、メイン通りから見ると昭和通りを挟んで向こうになるので、ちょいと遠い?萬福という中華そば屋さん。
・・・発見と言っても、このお店はなんと大正15年創業なのだそうです。
その頃からこの街にあるんですもの、大先輩ですね!

中華料理・・・と言っても、メニューに焼きそばや春巻き、点心などはなく、何でもありではないのですが、メニュー多いんですよ。
大衆的な雰囲気で、近所の中華屋さん、みたいな気軽さがありつつ、ちょっとレトロモダンな感じの建て構え。

チャーハンは香ばしく、タンメンはさっぱりですが懐かしくほっとする味。
そして、安い!!!萬福、いや満腹になれます。

私が行った時は、中国人の元気いっぱい可愛い笑顔のお姉さんが一人でホールを回していました。
一人でも入れそうな雰囲気がまたよいです。(でも量が多いから人数多めで行った方が色々食べれそうだけど)

中華そば 萬福
東京都中央区銀座2-13-13
03-3541-7210

(竹田)
2010年11月13日(土)

パレード


先日の休みの日。
何となく、映画でも見てみようと思いTUTAYAへ。

何を借りようかと店内を散策。
邦画コーナーの棚に最新作「パレード」がズラリと並んでいて、
パレードは小説を読んだことがあるので、借りてみることに。
早速、帰路につき見てみることに。

物語は、共同生活をする男女4人日々の生活、4人の人間関係、
上辺だけの共同生活に、新たな青年が加わったことで、色んな方向に展開していく。

この小説を読み終えた後、恐怖を感じました。

映画も、小説を忠実に描いていて面白い作品でした。

三浦
2010年11月12日(金)

沖縄、里帰り。


先日、祖母のお見舞いと久しぶりの親戚に会うために、母と沖縄にいきました。

沖縄を訪問するときは、ザ・観光モードと第二の里帰りのモードと分かれます。

友達と行く時はなんといっても目的は海!だったりするので、那覇市より北上してリゾート地恩納村や名護の海近くに泊ることが多いです。前職のころ女8名ほどで、赤瓦の縁側つき一軒家を借りて(安かった!)突如と現れる大きなヤモリにおびえながら、弾けない三味線を片手に明け方までワイワイと地元の雰囲気を満喫したのは楽しかったです。

親戚訪問の時はそういうところからは離れ、住んでいたのは小さい頃だったのになぜか鮮明に覚えていることが多く、毎度のことながら感慨深い気持ちになります。

どちらにしても、最大の楽しみはなんといっても沖縄料理!

私たぶん、一番好きな食べ物は「(沖縄で食べる)沖縄料理」だと思います。今回も沖縄そばに始まり、ジューシ―(炊き込みご飯)やパパイヤシリシリ(パパイヤの炒め物)、もずく、ジーマミー豆腐(ピーナッツ豆腐)…などなど満喫しました ^0^
母や叔母は生まれ育っているからか、食べに行っても普通の和食や中華焼きそばなどと頼みだし…ありえない!
帰ってきてからも、沖縄料理を作って食べて、今日もお弁当にフーチバジューシー(ヨモギの葉入りの炊き込みご飯)と豆腐チャンプルを持ってきて、まだまだ沖縄モードから抜けきれません。

なんだか最近「食」のことばかり書いている気がします…秋、ですね。


☆ハゼヤマ☆
2010年11月10日(水)

LINN AKURATE DS-K初公開


もう体験されましたか?

LINN AKURATE DSの新バージョンの[K]を。

インターナショナルオーディオショーで日本に初お披露目なり、本日サウンドクリエイト到着しました。

明日はいよいよ新AKUREATEシリーズでイベントを行います。
まだお席には若干の余裕があるますので興味のあるかたは是非仕事帰りにお立ち寄りください。

18時〜20時を予定しています。途中参加も大歓迎ですよ。

(花木)
2010年11月07日(日)

銀座「白いばら」



先日、Ninonynoの新納さんたちと「白いばら」へ行って参りました!!
そう、銀座の「白いばら」と言えば、あそこです。中央通り松屋デパート向かいのCHANELの裏手。
キャバレーのばらです。
創業6年!店頭の年季の入った日本地図には各地出身のホステスさんの名前が連なります。全国津々浦々!!自分の出身の女の子と話すと、話も盛り上がるのだとか。

いつもお店の前はよく通っておりましたが、中に入るのは初めて。
ドキドキ・・・。
入った瞬間からびっくり。
広い!人が多い!!なんか懐かしい!!!
珍しくてついきょろきょろ店内を見回しているうちに、席に案内されたと思ったら早速お姉様方が・・・。
名刺を頂いたら、出身地が書いてある。ナルホド〜

色とりどりに着飾ったお姉さんたちが、お酒をついでくれたり何だりしているうちに、ショーが始まりました。
おぉぉぉぉ、宝塚のようだ・・・。
結構な本格さで、セクシーさとかわいさ、かっこよさを手変え品変え出してきて皆さんが踊る踊る。しかも歌う。そして走る!
5,6種類くらいの(もっとだったかな)ダンスをつなげていくんですけれども、衣装から髪型からバッと変えてくるんです。スゴい早業。

ダンスの前後は生バンドで曲のリクエストもできるよう。

まぁ、とにかく女の子が多いので、何人いるんですか?と聞いたら、「普段は大体150人くらいかなー」とのこと。
150人の女性がここに着飾って一同に居られるのですから、ほんと迫力です。
しかし、妙な懐かしさを覚えるのは、昭和生まれだからなの?
TVの中で見ていたような景色が現実になった1日でした。

ちなみに、当ブログを読んで下さっている方の中に、「竹田」は、男と女2人いるというふうに思われている方がいらっしゃると聞いたことがあるのですが、残念ながら1人しかおらず、れっきとした女子です!!

追記 「白いばら」では女の子だけのお客さんもいらっしゃるそうです。スゴイ。
(竹田)
2010年11月06日(土)

ご当地グルメ


B級グルメ、ご当地ラーメン・駅弁など、
各地域に昔から伝わる郷土料理、世に広めようと、
あらゆるところでイベントなど開催し、ブームになっております。

私の生まれ育った街、松本にも隠れたご当地料理があります。
信州・松本と言えば、信州そば、野沢菜、山葵などが有名ですが、
そんな中、松本市民が慣れ親しんだ郷土料理が「山賊焼」。

山賊焼き??、山賊を焼く?、名前からするとどんな料理かと思われる方が多いと思いますが、
実は、鶏のもも肉1枚を垂れに漬け込み、片栗粉をまぶして揚げたもの。
端的には鶏のから揚げの大きいも。



さて、なぜこれを山賊焼きとネーミングされたか。
鶏のから揚げの大きいバージョンの様なものなのに、
鶏とか揚げとかはカスリもせず、しかし、松本市民なら誰もが知っているこの料理。

名前の由来は2つ、
山賊は「モノを取り上げる」事から、とりあげる、「鶏揚げる」とダジャレ的に掛けたものと、
店名が「山賊」というお店が考案したものと2通り。

名前を聞くと?と思いますが、ボリュームがあって美味しいです。
松本の定食屋、居酒屋、蕎麦屋など色んなお店のメニューになっていますので、
是非、松本に行かれた際は、ご賞味を。

三浦
2010年11月05日(金)

お鍋、解禁。


秋は足早に通りすぎてしまったようで、朝晩は冷え込むようになりました。
我が家では寒くなったとともに、食事のメニューにお鍋、追加!
温かくて、美味しくて、(それでいて手抜きできる)料理ですよね。

最近、挑戦したお鍋は、


◆ほんだしのCMで小栗旬サンがおいしそうに食べている、白菜と豚肉のお鍋◆
 このCM見たことありますか?白菜と豚肉を縦に交互に敷きつめて、お出しで煮立てるだけ!この2つの素材の相性が抜群。あっさりしてて、たくさんの量が食べれます。ゆずコショウといただくと、なお美味しかったですよ。

◆豆乳味噌+食べるラー油のお鍋◆
 去年も流行していた豆乳鍋にはかなり抵抗がありました。今回テレビでレシピを紹介していたのを見て、おいしそうだったので挑戦!豆乳に味噌を溶き合わせて、食べるラー油をたっぷり加えます。豆乳の味はまったくせず、濃厚で中華っぽい味になりました。ニラとぶなしめじは必須!

今年は寒い冬になるとのこと。
お鍋の出番はますます増えそうです。


☆ハゼヤマ☆
2010年11月04日(木)

引き続きMALT


毎回のお酒ネタ、誠に申し訳ございません。

今回は近所のBARでの出会いでした。

月島地区のBAR atelier bar tinさん。

たまにお伺いするのですが、今回のオーダーは久々のヒットでした。


BRUICHLADDICH X4+3

ブルイックラディはスコットランドでもっとも西に位置するISLA島西岸の蒸留所。ゲール語で、「海辺の丘の斜面」という意味。

ISLAの中では一番ピート香が少ない。

1994年に一度閉鎖されたものの、2001年5月に蒸留所の閉鎖を惜しむ新オーナーによって操業が再開。
新オーナーの一人ジム・マッキューワン氏は3度のディスティラーオブザイヤーに選ばれた人。

この?4+3は4度の蒸留、3年熟成の意味。

3年とは思えない香り。加水するとさらに濃厚なバニラに変わります。

最近一番のインパクトでした。

フジイ


2010年11月03日(水)

丹沢 バカ尾根を歩く〜塔ノ岳〜


先日は秋晴れの中、丹沢の塔ノ岳を目指しました。


スタートは大倉で大倉尾根をひたすら登る歩きがいのあるルートです。

表丹沢の登山基地でもある大倉は交通の便もよく都心からも近いこともあり平日でも多くの登山者で賑わっていました。

朝7時半ごろ到着の渋沢からのバスからは十数人の登山者がドドッと。



この大倉尾根は昔から岳人たちのトレーニングコースにもなっているようで
途中トレイルランのトレーニングか、猛スピードで下ってくる人にも出くわしました。(すごい・唖然)
標高差約1300mmはかなりこたえます。大半が木道の階段状ですから、でもホント登山道は整備されています。

塔ノ岳山頂からは相模湾から雪をかぶった富士山と大展望が待っています。
達成感のある大倉尾根でした。

(花木)
2010年11月01日(月)

銀座三越B2F



銀座三越がリニューアルオープンして、1ヶ月半。
サウンドクリエイトから目と鼻の先の距離ですが、始めの1ヶ月は脚を踏み入れませんでした。
4丁目の交差点のごった返しから、どうなっていることかと思って・・・。
2週間くらい前から、ランチのお弁当を買いに、食品売り場にちょこちょこ寄り始めてみました。

以前より、色々な種類のお店が入ってる〜。
もともと、いつも「隣の芝は・・・」の精神状態なので、毎回選んでお弁当を買った後に、「あ、あれのほうがおいしそう」と思っては、目当ての物を買いに行く・・・という感じの「食物連鎖」(意味が違う)をやっています。

お菓子も、他ではあまり見かけないものなども多々あり、面白そう。
食欲の秋で、ただでさえ旺盛になっているというのに、あまりヨクナイ環境でございます・・・。
(竹田)
最近の書込
[TOP]