SOUND CREATE EYES
2009年08月31日(月)

LINN DPS搭載機入荷!



いよいよ秋も迫ってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

この秋、アップグレードパーツとして大注目のLINN電源アップグレードパーツ《ダイナミックパワーサプライDPS》

今までお使いのLINN製品をアップグレード可能。
音質を支える、根本の電源部が変わるわけですから、その効果はかなり大きくご試聴されたお客様も「ここまで違うの?」と驚きの声をいただいております。

DS,LINNパワーアンプユーザー様でまだご試聴でない方は是非お聴きいただければと思います。

さらにKLIMAX KONTROL SEのDPS搭載機もつい先日入荷したのですが、これが全く別物の素晴らしい音質になっております。

フォーカスがピシっと合い、音離れも空間感も抜群にグレードアップ。
KONTROL SEをお持ちの方はもちろん、そうでない方もこのプリは一度お聴きいただい逸品です!


フジイ
2009年08月30日(日)

B&Wを鳴らす


常時店頭にあるB&W802D。今回お客様のご試聴予約で801Dを取り寄せ、試聴室に向かい合わせでセッティングしております。
いつもは大きく見える802Dも、801Dの前にくると全然小さく見えます。
まるで横綱と小結。

今回801Dをドライブするために抜擢されたのは、お馴染みLINN KLIMAXDS、DPSが搭載されたKLIMAX KONTROL SE。そしてご注目いただきたいのが、TRIGONのフラッグシップとなる新製品パワーアンプ『MONOROG』!!!
まだ日本に2ペアしかないようですが、光栄にもその1ペアがここサウンドクリエイトに上陸です。
既に発売中のオーディオアクセサリーで評価を得ていますが、このアンプかなり素晴らしいのです...。鳴らしにくいと言われている801Dを悠々と鳴らす安定感と、透明感あふれる見晴らしの中に時折見られる粘り強さ。何度か801Dは聴いてきましたが、こんなにバランスよく唄うのを見るのは初めて。
このシステムの前を通るたびに、スタッフみんな「ほんとにいいアンプだよね」と声を漏らしています。いらっしゃるお客さまもMONOROGの魅力に惹きこまれているようです。

801Dが店頭にあるのは9月3日までですので、さて、その後は何と組み合わせてみましょう。あれやこれやと楽しみです。
もちろんリクエスト受け付けております!

☆ハゼヤマ☆
2009年08月27日(木)

久しぶりの快作


高価なスピーカーはみんなの憧れ。
音響特性に優れた特殊な材質や加工方法を、膨大な時間をかけて吟味。
組み合わせるアンプの相性や鳴らす音楽とのマッチングも含めて、想像を絶する過程を経て生み出されるスピーカーは、オーディオの“顔”。

先日入荷の、ウィーンアコースティック/BACH Grand(バッハグランド)は、会心の出来映え!(高価なスピーカーの流れを組むエントリーモデルです)
小振りなトールボーイ型スピーカーのルックスからは、よい意味で予想を裏切る 艶やかで豊かな音!

ご試聴のお客様のお好みに合わせてチューニングを施していたところ、ひとつ発見。

付属品のスパイクと偶然にもネジ径が同じクアドラスパイア(ラック)のスパイクを試しに装着してみたところ・・
激変!
厚く深い中低域がどっしりと音楽全体を支えます。
すっきりと見通しの良い純正スパイクの音と、重厚なクアドラスパイアのスパイクの音。

どちらも捨てがたい良さがあります。
それにしても、この「バッハグランド」素直で良いスピーカーです。

金野
2009年08月24日(月)

秋の気配


気がつけば、もう8月も残すところ後、一週間になりました。
朝夕は気持ちいい風も吹き、寝苦しい夜もすっかりなくなりました。

夕方に一斉に鳴き始める雛罌粟が「まだ夏は終わらない」とばかりに、秋への気配を止めている様にも感じます。

今年の夏はどのような思い出作りが出来ましたか。
私は雛罌粟の鳴き声と水の音に心癒された夏になりました。


さて、秋の気配を感じ始めるころ、毎年、ジャズピアニスト 石井 彰さんのSolo Piano Conceertのご案内をいただきます。
今年で5回目のご案内です。

石井 彰さんは大阪音楽大学作曲家在学中にビル・エバンスを聴き衝撃を受けてJAZZピアニストを志したそうです。

卒業後関西で活動し98年には日野 晧正クインテットに参加し、その後
幅広く活躍をされております。

今年は10月14日にソロコンサートを行います。
少し多くチケットを頂いておりますので、ご興味のおありの方は
スタッフまでお声がけくださいませ。

三浦
2009年08月23日(日)

夏の終わりに


早いもので、8月も残すところあと一週間となりました。
今年は暑い日と涼しい日の差が激しく、体がそれについていくのに必死になっていたように思います。
移り住んだ鎌倉に比べて東京は4℃ほど気温が高く、家をでてから電車に乗り銀座駅を上がると、息ができないくらいの暑さに参ってしまいます。

湘南の夏は初めてでしたがビーチには海の家が数多く並び、ワイワイとした、いかにも夏っという雰囲気を満喫できました。特に由比ガ浜はいわゆる海の家というよりも、海辺のレストラン。
夏の終わりと同時に撤去となるので少し寂しい気もしますが、なんだかんだ静かな海のほうがいいですよね。

もし今月までに由比ガ浜ビーチへ行かれる機会がありましたら、タイ料理の海の家、お勧めです!!!一角にタイ料理ばかりが4店舗くらいあるのですが、どこもとても美味しいですよ。タイ人にタイの歌謡曲、目の前には海…プチ旅行気分が味わえます。8時以降は人も少なく、静かにまったりできるのでおススメです。


付け加えて、告知です(*^_^*)

もうご存知でしょうか?
26日(水)〜31日(月)まで、サウンドクリエイト夏の終わりのフェスティバル開催!今回はホームページに掲載する商品はごくごく一部です。
気になっているものがございましたら、お電話かメールにてお早めにお問合わせくださいませ。

「欲しいけどな…」と思っていた方、今がチャンスです。
「今年の終わりくらいに…」と思っていた方、タイミングは今です!


☆ハゼヤマ☆
2009年08月22日(土)

八方尾根


お盆の休暇を利用して八方から唐松への山歩きに行ってきました。

今年はこの時期どうも天候が優れず、本当は白馬までの縦走と行きたかったのですが、唐松岳との往復のみのちょっと物足りなさが残る山行きとなったのです。

八方と言えば、長野オリンピックのアルペン競技の舞台になった場所です。

軟弱ではありますが、ゴンドラ・リフトを乗り継ぎ20分ほどで標高1600mの八方池山荘一気に上がります。
八方池山荘からコースタイムで1時間、八方池に到着します。
ここまでは周遊のコースも整備され気軽に歩けるためか日帰りの観光客も多く、賑わっています。

この周辺は蛇紋岩が露出しているため樹林が成長せず、森林限界の様相をみせてくれます。八方池から先はダケカンバの樹林帯となる森林限界の逆転がみられる大変興味深い場所です。

高山植物が咲き誇る展望のいいお花畑の向こうには、雪渓の残る白馬連峰が迎えてくれます。 (感動です)
こんな景色を眺めると登りの辛さを忘れるから不思議です。
さぁてー 次はどこに行こうかと想いを巡らします。
(花木)
2009年08月21日(金)

新着音源


DSオーナーには嬉しい、高音質録音の新着音源の入荷です。

素晴らしい演奏を優れた録音で収録して、最高のクオリティで音楽ファンに届ける姿勢を貫く「カメラータ東京」。

LINN DSはじめとする“ファイルデータ再生”にいち早く着目し、すでに音楽データの配信販売を開始しています。
96kHz/24bitを中心とするスタジオマスターレベルの高音質録音データを手に入れる、最も手軽な方法として、ダウンロードが主流になりつつあります。

一方、インターネット環境によってはかなりの時間を要することもあり(192kHz/24bitの非圧縮WAVデータで1〜2時間/アルバム)パッケージメディア(DVD-ROMなど)によるデータ販売を望む声が高まっていました。

今回の新着3タイトルは、そうした要望に応えるべく、DVD-ROMにデータを収録。
最も確実なバックアップとしてライブラリーにあるだけでも安心ですね。

今回の3タイトルのうち2タイトルは旧録音(アナログマスター)を192/24リマスターしたものと、1タイトルは最新録音96/24デジタルマスター。
1976年録音の”遠山慶子Playsドビュッシー&ラヴェル”演奏者の遠山慶子さんがご本人が「演奏の意図がやっと出た!!」と絶賛(談・担当者)だそうで、旧録音が息を吹き返た瞬間となったそうです。

詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.kripton.jp/

ご希望の方は店頭にてご試聴いただけます。
当店での販売も開始しております。

(金野)
2009年08月20日(木)

本日の反省


行って戻ってまた竹田です。
今日は、「つぐない」(2日前参照)から解放され、好き放題書かせていただきます。(いつものこと)

本日お客様のご要望により、
TANNNOY STIRING
LINN MAJIK140
Davone Rithm
をLINNMAJIK I、HEGEL H100で比較・・・ということでご用意させていただきました。
(ちなみに、このシステム今週末までご試聴いただけます)
お客様はクラシックを聴かれるとのことで、CDも決まったものをお持ちに。

TANNNOYから始まりアンプを変え、スピーカーを変え・・・。
比較試聴は真剣試聴で、私も真剣に聞き入ってしまいました。

途中途中でご印象を伺うと、TANNOYは細かい描写はあまり得意ではなさそうね。独特の趣がありますね。LINNはナチュラルね、少し軽いかな?アンプを変えて、好みに近づいたけど、家の音と似ちゃったかな?
などなど・・・。
TANNOYもLINNも同じ英国なのに、本当に正反対な音で面白いものです。
と言っても、LINNは正しくはスコットランドですが。
(歴史上では、英国エリザベス女王よりスコットランド女王、メアリー・スチュアートの方がTANNOYっぽい。・・・今読んでいる「エリザベス」石井美紀子著に感化され、何でも結びつけるの巻)

当店6Fフロアから7Fへ移動していただき、一番小さな8畳くらいの部屋でDavoneを聴いていただくことに。
ピアノや弦はいいわね、オペラの声はさっきの方がよかったかな。
それぞれお好みにより近い鳴り方をするよう、ボードを外したり、アンプを変えたり・・・。その度に、反応されるお客様のご印象を伺うのが楽しく、また私にとっても非常に勉強になる比較試聴。

お客様のお好みの結果はさておき・・・
帰られた後で、その時その時のご印象やセッティングを思い起こしながら、「あっ」と思いました。
Davoneのスピーカーは、小さい部屋でパワフルな鳴らし方でなく、他のシステムと同じ6Fで抜け良く鳴らした方がお好みに近かったかも!!

当店では、約8畳、15畳、20畳以上の広い部屋2部屋、計4部屋6システムがありますが、当然のことながら同じシステムでも場所によりそれぞれ鳴り方が違います。
そして、後で、あそこで聴いてもらえばよかった、あれと聴いてもらえばよかった、違ったセッティングで聴いてもらえばよかった・・・などなど、こうした反省も時にあります。
そんな時は、恥を忍んで「もう1回聴いて下さい!」ということも。

なぜなら、より望みに近いものを探すのは多分大変で、せっかく会えた運命のシステムかもしれないのに、そのお手伝いをお任せいただいた私たちがきちんと仲人出来なかったら、お客様に申し訳ないからです。

お店を出られた後、当店からお電話があったらそんな内容かもしれません。
その時は是非・・・、スミマセン、・・・もう一度チャンスを下さいませ!
後記 気付けば、先日はつぐない。今日は反省。人生日々修行!?
(竹田)
2009年08月19日(水)

CARA情報



先日のブログにてLINN DSの新しいファームウェアバージョン≪CARA≫についてお知らせさせていただきましたが、お試しいただきましたでしょうか?

新しいアプリケーションソフトKinskyは、ほぼ毎日細かいファームに変わっているようで、少しずつですがより快適になっております。
プレイリストの作成や、シャッフル、リピート等など、iTUNESでは当たり前のことでしたが、DSもやっと追い付いてきました。
音質を考えると、かなり優位性があるのではと思います。

また、今回のファームアップで、音質もかなり良くなりました。
ソフトウェア的にシンプル、スムーズになった影響が大きいようです。


一部、カバーアートが出ない、MACで操作できない等あるようですが
最新のKinskyでかなり改善されているようで、さらにNASのデータベース再構築でも効果があるようですのでお試しいただければと思います。

私は、自宅ではアップルなので、MACでの操作を心待ちにしておりますが、本日現在、まだ動作しておりませんが、近日中に動作するのではと思います。

お時間のあるとき、お試しください!

(フジイ)
2009年08月17日(月)

NuForceからケーブル発売!!


竹 竹 竹、光る地面に竹が生え・・・なんて。
スミマセン、連日出しゃばりまして。竹田です。

実はこの3日連続ブログ、秘かなつぐないの意味がございます。
8月8日(土)にブログが1日落ちているのは、実は私なのでございます。
「はい、はーい!私今日書きたいことある!」なんて自分から言って、すっかり忘れてしまったのでした。
先日大きな穴をあけたばかりなのに、大変申し訳ございません!

さて、しかしながら今日お届けするニュースも目が離せませんよ!
超コストパフォーマンスブランド我らがNuForceから、ヘッドフォンUF30の次は何とケーブルが発売されました!

茶色い被覆のしっかりしたケーブル。
インターコネクトはRCAとXLR、それからスピーカーケーブルもラインナップされています。
カタログを読むに、どうやらシールド効果の高いケーブルらしく、聴けば一聴して音場の広さや音楽の厚みを感じさせます。パワーのあるケーブル!
ことばの通り「パタン」と奥の壁が向こう側に倒れたみたい。
最近そればっかり言っているような気がしますが、ノイズを丁寧にきちんと回避した音楽再生って、本当に奥行きや音場が豊かになって、実在感が生まれると思います。
NuForceのケーブルは、どこかを出っ張らしたためにどこかが引っ込んだりするようなものではなくて、トータル的にパワーが与えられるような印象です。
芯があって、腰が座っていて、しっかりした再生。
さすがNuForceです!
評判の高いステレオアンプSTEREO8.5v2とどこか通じるようなものがある気がします。
とはいえこのケーブル、エージングが進むにつれどんどん変化しよくなるので、まだまだ印象は変わるかも・・・。

他にHDMIやデジタルケーブルもラインナップされるようですが、現状聴いたのはスピーカーケーブルとラインケーブルのみ。
まだまだ、色々と実験中ですので、次回のレポートを乞うご期待!ですが、すぐにでも聴いてみたい研究熱心なオーディオファイルの皆様方は、店頭にていつでもご比較、ご試聴承ります!
(竹田)
2009年08月16日(日)

DS再燃 CARA−DPS−PURIFI!!!


「再燃」というか、燃えっぱなしにも思えますが、DSが今また熱いです!
他スタッフも書いているように、ここ最近のDSの進化には目を見張るものがあります。
つい1カ月ほど前にDSのコントローラーとして最も愛されているI POD TOUCHのSONGBOOKがバージョンアップし使いやすくなったと思えば、LINN本国からは彼らの意地と言わんばかりの大幅にアップグレードしたCARAを発表。
DSはますます使い勝手がよくなりました。
まずCARAになってうれしいのは、
・アルバムアートが見られる
これはI POD TOUCHでは早くから可能でしたが、大きな画面で見られるのが嬉しいです。
・クラシックファンに不評だったタイトルの表示省略が解消されたこと
今はどんなに長いタイトルであろうと、各トラックのタイトル表示をきちんとしてくれます。当たり前と言えばそれまでですが、とにかく見られるようになったのは嬉しい
・シャッフルやリピートが可能に
DSってば1000曲も選曲できるのに(ダジャレにあらず)リピートがないのっておかしいと思いませんでした?
・プレイリスト作成ができる!
「寝る前」「JAZZ」「クラシック」「ヒーリング」「パーティ」などなど。プレイリストに選曲した後、右上右から3番目の「(いわゆる)上書き保存」マークをクリックしフォルダの名前をつければプレイリストの出来上がり。作成したプレイリストはHOMEの「LOCAL PLAYLIST」に保存されます。
オーディオファイルの皆様は真っ先に「リファレンス」プレイリストを作成されるのでは?
・音質もよくなった!
お好みにより賛否両論であるようですが、個人的にはCARAに軍配を。
音圧が上がったように思いました。
その他、細やかな配慮があり使って嬉しいCARA。

荒探しも既に始り、ここがこうだったら・・・あそこが・・・と出て参りますが、それは当然のこと。DSを進化させるのは皆様のそんな「声」です。
大いに先へ進みましょう!

CARAに続き、DPS。
DPS「ダイナミックパワーサプライ」でダイナミックに2グレード3グレード上のクオリティへ。
ノイズレス設計でS/Nが良くなっているからか、音場が広がり音圧も上がった印象。
電源のスピード供給が上がり、より鮮度高い信号を伝送できるためか、音楽の実像感が誠に素晴らしい!今までのDSで十分満足できたはずなのに、世界は更に前進。
もっとミュージシャンに近づいたのです!
これは本当に皆様一聴して驚かれるアップグレードで、今までDSに今一歩踏みきれなかった方はもう一度聴いてみられるべきです!本当に驚きますから!
でも、考えてみてください。
LP12は37年進化し続けこの間も多くの方を驚かせたばかり。
LINNが自社オリジナルのスイッチング電源を設計し今まで採用してきて16年目のアップグレードです。
この頑固な愛すべきスコットランド人の仕事、十分信用に値するものだと思いませんか?
筋が通っているなぁ、と感心します。
(DPSは、DSのみならず他の多くの製品に搭載されます。パワーアンプも相当なものです!!)

で、PURIFI。(詳しくは数日前のブログをご覧ください。2回熱い思いを語らせていただいております)
これは、もう私は欲しくて欲しくて。PURIFIで頭がいっぱいです。
アンプもアップグレードした今最も私に必要なのはPURIFI。

CARA−DPS−PURIFIと、ますますHOTなDS。
今だけ波に乗っているのではないのですよ。彼らが波を作っているのです。
どんどん先へ進むから、乗り遅れないうちに是非楽しいDSライフをお勧めします!!
(というか、始めるならこんなに便利に楽しくなった「今」と思います。)

とっても狙った宣伝ブログのようですが、皆様、私が本当に良いと思ったものしかここで取り上げないのを、そろそろお気づきになられてもよろしいのではないでしょうか???
ナンテ!!
(竹田)
2009年08月15日(土)

夏休み


先日10日から5日間、夏休みを頂きました。
休み前から、家族のあるスタッフは計画が盛りだくさんの様子。当然ですね。
普段お家にいないパパは家族サービスの絶好の機会ですものね。
皆様はどんな夏休みでしたか?

さて、独り気楽な私はというと・・・
普段は休みも予定に追われているので、久々に一人を満喫して、のんびり過ごそう!と、何も予定を入れず、その日暮らしを決め込みました。
1日目は実家で、地元の友人たちと1年ぶりに会い・・・2日目は二日酔い。そこまではよかったのですが、3日目から雲行き危うく・・・。夕方気がつけば今日は何も食べていない、誰とも話していない!
友人に電話をかけましたが、「今から!?」「なんで今日!?」という
数人に電話をかけてみな同じ返事をするのを聞くまで、考えてみれば当たり前のことに気がつかず、仕方なく一人食事をすることに。
幸か不幸か気持ちのよい風が吹く夕暮れ時で、自宅から銀座まで5駅程テクテク歩いてしまいました。

ICON MOBILEがエージングも進み、IPODがご機嫌に鳴ってくれるので、さみしい気分に合わせて選曲しながら・・・。(宣伝をかかさない)
しかし、こういう時は重なるもので、友人に振られた後は思い立って以前から行きたかったJAZZ喫茶へ足を運んでみたら休み。行ってみようと思ったレストランも休み。
ここなら一人で入れるかな?と店に入り「おひとり様?」という言葉に少し傷つきながら(被害妄想)座った途端に隣に6人組みのグループが宴会を始め、私のテーブルのバーニャカウダの鍋にはなぜか火がつかない・・・。

途中から段々面白くなってきました。

こうも続くと・・・。次は何だ!?何が来るんだ?
モノは受け取り用で、「31歳おひとり様の1日」もここまで状況が揃えばある意味天晴れだな!と思いなおし、美味しく食事をとった後はBGMに明るい曲を背負って楽しく歩いて(また!)帰途につくのでした。

後記 そう「次」は次の日やってきました。クリーニングを出しに出かけたら、2件閉まっていました・・・。お盆だから当然、とはいえ・・・。次回の休暇は計画性のあるものにしようと誓うのでした。

そして、こんなしようもない話にお付き合い頂き、申し訳ありません。
お盆休みのようなブログですね・・・。
写真のタイトルは「雲もおひとり様」
(竹田)
2009年08月09日(日)

DSアップグレードアクセサリー


まだまだご試聴予約が多く頂いていますLINN DSですが、皆様ご存知のとおり、ダイナミックパワーサプライ(DPS;新スイッチングモード電源)の登場や、LINN GUIがアップデートした「CARA」のリリースによって一段と音質が向上し、操作性も見違えるほど良くなっています。

それ以外でも、ここで1つ私がお奨めしたいアップグレードアクセサリーをご紹介!
当店のDSご所有のお客様はもう既に導入されていただいている方も多いですが、DSのために開発されたLANケーブル「OSJ」。

1m/15,000円というお値段ですが、正直申しあげますと出始めの頃は、LANケーブルに15,000円は高い…と思っていました。
ただお店でその効果は歴然でしたので、迷いなく自宅のMAJIK DSに繋げてみましたが、わかっていてもこれがビックリ!!!家でのほうが効果がよりはっきりと感じられました。

S/Nが格段に良くなり、ボーカルの輪郭がはっきりして低域のにじみが無くなる。全然違うっ。LANケーブル1本、1mでこんなにも変わるものか、そうかインタコと同じか、とOSJの威力が私の中で明らかに立証されたのでした。
こーんなに変化があるなら15,000円はお値打ちかも!と思いました。
もちろん「AUG LAN(1m/¥115,000)」は、DSを1つ上の機種にするのと同じくらいの素晴らしい効果がありますが、それはまだ手が届かないのでもう少し先にとっておきます…。
様々なアップグレードがありますが、ぜひまだお試しでなければ一度ご体感くださいませ。

☆ハゼヤマ☆

===============================

誠に勝手ながら、当店は明日の10日(月)から14日(金)まで
夏季休業とさせていただきます。
お問合わせに関しましては15日(土)からのご返信となりますことを
何卒ご了承くださいませ。

暑い毎日が続きますが、皆様どうぞお体ご自愛ください。


サウンドクリエイトスタッフ一同

2009年08月07日(金)

【DS情報】CARAにアップデートできました!


DSをお楽しみの皆様に、ニュース速報です!!

先日のLINN本国主催の『CARA発表会』に参加して以来、今か今かとお店で試していましたが、まだアップデートはできず、今朝LINN CONFIGを開くといつもと違った表記が。
今日からアップデートできるようになっていました!

カバーアートが美しく見られたり、クラシックの曲名やアーティスト名が、カーソルを合わせることで全て表示されたり、たくさんの方からリクエストを頂いていた使い勝手が改善されています。

まだ発表はされていないので、今朝やって成功した手順を書きます。


1、LINN CONFIGを起動。UPGRADE表示が出るのでそのままUPGRADEを進行。
新しいLINN KONFIG(「C」が「K」へ変更!?)がインストールされます。

2、DS本体とLINN GUIもアップグレードが必要です。
DS本体のアップグレードはLINN KONFIG上から行います。
KONFIG上のDSを選択いただき、UPDATEタグをクリック。
AvairavleVersionよりCara1を選択。
UPDATEボタンで自動的にアップグレードされます。

LIN GUIのアップグレードははLINN KonfigのオレンジマークのアイコンをクリックしCARA Latest Nightly Build のWin32:InstallerKinskyDesktop.exe (2009-08-06) からダウンロードしインストールとなります。


機能性、操作性が大幅にアップした≪CARA≫是非、お試しください。


(フジイ)
2009年08月06日(木)

あれれ?


自宅システムに異変あり!

ここのところ多忙でなかなか思い切り鳴らす時間がとれないでいる、我が家のDavone + V40SE です・・
先日、朝の出勤前に少しだけ時間があったため(今最も幅を利かせている長女は早朝に強制起床をかけます・・)
着替えながら流しで聴いていたところ「んんっ!?」

明らかに曇った音で、モゴモゴとしてよどんだ空気。
まるで Davone が口を尖らせて不満を漏らしているかのよう・・
気になりはしたものの、朝だけに調べる時間がなくそのまま出勤。
そのまま出張続きで放置となってしまいました。

原因がやっと昨日判明。

やりたい放題の長女(2才)と、ピンケーブルの刺さる場所が分かり始めた長男(5才)が、おとなしくしていると思ったら何やらごそごそと僕の部屋で遊んでいたらしいという情報をもとに、MAJIK DSとV40SE の背面をみてみたら・・
長くとぐろを巻いている不使用のピンケーブルが、DSとアンプの空いている入出力端子に数本ランダムに刺さっていました。
引っこ抜いたり、接続したりする行為自体が楽しいのでしょう。
気持ちはわかります・・・

自分の記憶をたどると、
父親がベニヤで作ったエンクロージュアにFostex ユニットをいくつも搭載した自作スピーカーを指で押しまくり、ドームツイーターやウーファーのセンターキャップはすべて”逆ドーム”にしていました。
幼稚園くらいの頃の記憶です。
叱られた記憶はありません。



ケーブルを抜き、少し鳴らしていたら回復して一安心。

「シャットアウト」か「ちゃんと教える」のどちらか選択する時期に来たようです。叱らないことに決めています・・

(金野)
2009年08月05日(水)

システム @ マイホーム?


「やっとOCTAVEのV40SEが家に来た!」その日から、なんやかんや忙しく休日も家に居られない週を2週も挟み、箱から出して接続したはいいけれど、小さな音でしか聴けていない3週間。
とある理由で自宅の電源タップが一時なくなり、電源事情も万全ではない上、セッティングもコードが届かずアンプをコンセントに寄せて電源をとる始末。
そんなひどい状況下でも、素晴らしさは十分感じられて、PIEGAのコアキシャルがしっかりドライブされてる〜、と喜びを感じてはおりました。
どんなに遅く帰っても音量絞って必ず数曲聴いたり、夜遅くに一瞬だけ音量上げて顔をほころばせてみたり、近くにいるのに会えない恋人みたいにして見つめあったり(一方的のはず)、そんな欲求不満の数週間でした。

電源タップもそろった。
丸1日寝ててもいいくらい何もない休日も確保。
PURIFI(ピュリファイ)も借りた!
休みの前の真夜中は、スーパーフリーな時間。
帰宅後、早速電源タップを接続し、パワー感が全然違うことを確認し、スピーカーやアンプ位置を変えたり、PURIFIを早速つなげてみたり、接続するケーブルを変えてみたり。
「おぉ、違うな!」と一人ごちながら、セッティングがまだだめかも。ちょいと中域がつまっている。
音量はあげられないから、明日にまわそう。と明け方ベッドに入る。

次の日、音量あげる。いいなぁ!でも、やっぱりなんかつまってんなぁ。
でも、店ではAKURATE DSとV40SEの間にPURIFIを接続するときは、
●1 ACCUPHASE CDP (アンバランスケーブル)―XLR変換 バランス入力―PURIFI―バランス出力 XLR変換―(アンバラ)V40SE
とか、
●2 AKURATE DS(PURIFIを挟んだ接続は上記と同じ)―V40SE
                    AKURATE CD―  
(2台の入力機器をV40SEに接続)
がよかったんだから、バランス変換を使ったアンバラ接続がいいはずなんだけど。
ものは試しで、変換プラグを外し、完全なアンバラ接続に。

えっ?詰まっていた中域は抜けて、音に芯は出る、ゆとりもある。
なんで!?
おそらく、●1は、ACCUPHASEのCDPとLINNのDSのアースの落ち方が違うからで、●2は、2台以上接続しているから・・・。
なんだと思います。
詳しいことは、お店で諸先輩に聞かないとわからないので、考えるのを後回しにして聴く聴く!
はた、と音楽を止めてハム音が出ていないか確認したら、ボリュームが12時くらいのところでかすかにジーといっている。
これは、PURIFIのアースをDSに戻さねばなりませんな。
でも、アース線手元にありませんので、これはまた来週へ持ち越し。
それでも、アンバラ接続の方が良かった!
これは決めつけずに、機器によって環境によって試してみなければならないことを実感。

うーん、それにしてもシアワセ。
音楽がこんなにも幸せと安らぎと喜びをはこんでくれるなんて、今我が家は一人でも「マイスイートホーム」です。

後記 もちろん店から借りたPURIFIは外さねばならず、聴かなきゃいいのに外した後聴いてがっかり。
どうやったらPURIFI代を捻出できるか計算して夜更かしした火曜の夜でした。
(竹田)
2009年08月01日(土)

MYTHOS LP


もうすでに手にされた方もいるのでは?
ミソス企画のLP、最新盤第3弾が7月15日に発売となりました。


第2弾のフルトヴェングラー指揮EROICAに続き、戦中ライヴの1943年6月のベートーヴェン交響曲第5番「運命」のリリースです。


戦中の凄まじいライヴならではの緊張感が味わえます。
従来のピッチは全く修正せず、オリジナルティを最優先にしての復刻です。


これまで幻の盤だったものが、今の時代に蘇るのですからフルトヴェングラーファンならずとも一度は聴いてみたいものです。

(花木)
最近の書込
[TOP]