SOUND CREATE EYES
2009年04月30日(木)

こだわり・あこがれ


ご自宅の建て替えで、オーディオを1年ほどお休みしていたS様。

工期遅れなども重なり、当初の予定を2ヵ月ほど延ばしてようやくオーディオとの再会/再開です。
建て替えの前に思い切って導入されたスピーカーは、今回初めてご自宅に設置の運びとなります。

自作パワーアンプ(自作とは思えないほどしっかりとした極厚アルミパネル削りシャーシ)は少しずつ改良・テストを繰り返しこの日のために待ち構え、床下補強やオーディオ専用電源回路(KOMRI電源は200V)、天井の仕上げ材は有孔ボードでコーナーは面取り加工、二重サッシに壁内遮音施工、信号ケーブルを最短距離で結ぶラック・・・
ずいぶんと楽しみながらお部屋を作っていった様子がよくわかります。

1年ぶりに帰ってきたLP12も、搭載アームは珍しい”Dynavector”。
こちらはS様の以前からの憧れで、「相性が合わなくても、取付け可能であれば使用したい・・・」とのご希望で組み合わせ。
(以前にも何台かの実績があり。重心の低い重厚な音が魅力)

さらにこだわり続けて、自作のプリアンプをKLIMAX KONTROLと対決する予定だとか・・・

RADIKALとURIKA は気になるところですね、S様

(金野)
2009年04月29日(水)

ゴールデンウイークの始まり。


いよいよ始まりました。
ゴールデンウイーク。
今年のゴールデンウイークは大型連休の暦となり皆様もお出かけの予定など建てられていることと思います。

新型ウイルスの発生で少し不安はありますが、定額給付金や高速道路大幅値下げなど、遠出したくなるようなお得なこともあります。

そもそもゴールデンウイークと呼ばれるようになったのは映画会社がお正月やお盆並みにこの期間の興行成績が良かったことがあり1951年に名づけられ、他の業種でも呼ばれるようになっていったそうです。


この、ゴールデンウイーク期間中、サウンドクリエイトでも新製品の入荷や様々なお得な企画など、盛りだくさんになるように企画をしております。
今、話題のOCTAVEの新製品プリメインアンプV40SEの登場や、JBL S9900を様々なアンプで鳴らすなどなど、連休の合間にでも是非、ご来店くださいませ。

三浦
2009年04月27日(月)

新旧JBL(9900と4350)


このゴールデンウイーク期間中、JBLのニューモデルK2S9900がメインフロアで鳴っています。

あのDD66000のジュニアモデルということで期待は高鳴ります。
背面が緩やかにラウンドしたキャビネットが特徴的でもあり、思ったほど奥行きも無く大きさは感じられません。

これなら66000は無理でも9900なら・・と考えるJBLファンもいるのでは。

セッテイングはリアの形のせいかやや広げ気味、振り気味のセッテイングで本来のJBLらしい音となりました。
特注SPベースも効果大なのです。


また6Fでは前にもおしらせしました4350が鎮座しています。
(サンスイ時代のものです)
発売から30数年、当時は鳴らすことが難しかったと聞きます。現在のアンプでどう生まれ変わるか楽しみではあるのですが。
とりあえず、LINN CLASIKとベース部はGALLOのREF SAでドライブしています。
なかなかいい味で鳴ってますよ。
(花木)


2009年04月24日(金)

納品とコーヒー


先日、LINNのKLIMAX KONTROL SEのご納品に伺ってまいりました。
システムは、
スピーカー PIEGA TC30X 
プレーヤー LINN AKURATE DS
アナログ  LINN AXIS
      LINN LP12(KEEL/AKITO?/LINGO)
プリアンプ LINN MAJIK KONTROL
パワーアンプ LINN MAJIK4100
今をときめく製品で構成されたシステム・・・。

上記AXIS以外、全て当店でお買い求めいただいているにも関わらず、ご納品はなんと「LP12」が始めて。ELACのスピーカーからTC30Xにアップグレードされる時でさえ、ご自身で出来るというお申し出に、それでは後日必ずお伺いします!とお約束するうちあっと言う間に日がたってしまいました。
お話の中でセッティングや電源環境のアドバイスをさせて頂きつつも心苦しく思っていたところ、「さすがにLP12はお願い」というお言葉で、私たちもやっとお伺いできる!と喜び勇んでお伺いしたのでした。

初めてお伺いする前に、Y様から「自分ではいいと思っているけれど、一人で聞いていると本当にいいかどうかわからないんですよね」。という言葉を頂き、ルームチューニング用に、様々な荷物を車にのせ、現地へ着き、玄関開けてびっくり!
「全然いい音じゃないですか!!」と現代っ子の滅茶苦茶な文法が思わず飛び出します。
透明感があって、広がりがあって、音楽に芯があって、整っていて、中低域から高域にかけての厚みだとか、どこまでも伸びていきそうな高域だとか、締まった低域の上に繰り広げられる音の彩りは生命感に溢れていて、PIEGAらしさが存分に出て、本当にいい音!
Y様のお悩みはリスニングポジション右手にあるTV。それによる定位の甘さだとか。

やらせて頂いたのは、スピーカーの間の壁にかけられたアコースティックリバイブの拡散板位置の調整や、スピーカー位置のちょっとしたセッティング、中央を少し吸収したり、スピーカー周りで音が滞っている部分を拡散したりなど、本当にちょっとしたこと。
電源環境は、お勧めのアメリカン電気製タップをお使いいただいていたのと、ケーブル同士の干渉を少なくするためなるべくケーブルを短くするなど、元々丁寧にセッティングされていて、何も申し上げることなし。

何しに来たんでしょう。そうLP12の納品ですね、と言う私たちに「一人でやっているとわからないんで。大丈夫ですかね?」と仰りながらY様はキッチンへ。その少し後、何やらいい香りが。
聴かせていただいた音楽とどこか通じるものがある、実に美味しいコーヒーをご馳走になりました。
Y様在住の地域はお水が美味しいんだとか。コーヒーとお水のお土産まで頂いて、帰ってまいりました。次の日店で入れたコーヒーは、ん〜Yさんのお家の味がするなぁ、と思いつつも、やっぱりどこか違う。
音も、味も、その人にしか出せない「味」があるんですね。

すっかり味をしめた私たち。一月もたたない内に、KLIMAXKONTROL SEのご納品で、また美味しいコーヒーをご馳走になるのでした・・・。
追記 MAJIKからKLIMAXへのアップグレードは、なんと言ったらよいか・・・。
MAJIKは十分によいアンプなのですが、KLIMAXにしたことで音のテクスチャーが格段に上がり、スッバらしい音。TC30Xは、なんと元の位置より15cm広がり、2cm前へ。
KLIMAXKONTROLの、アンプを制御する力というのか、音の出方には本当に驚きます。
(竹田)
※写真右は、アメリカン電気製タップ
2009年04月22日(水)

フラワーカーペット


インターネットでGWの銀座のイベントを調べていたところ、来週4月29日(水)に銀座みゆき通りで1日限りの素敵なイベントを見つけたのでご紹介させていただきます。

「銀座みゆき通りフラワーカーペット」。
今年で23回目になるそうで、富山県から運ばれてくる球根育成用のチューリップの花びらを使って、みゆき通りに画廊の大作のような大きな絵が描かれます。
これはイタリアの街・ジェンツァーノのインフィオラータという花祭に感動した銀座の先人が、「銀座にもお花を敷きつめた通りを創りたい」と発想したことから始まったそう。そのインフォラータを調べてみると、花びらで書いたとは思えない素晴らしい画で、銀座でもこの行事が23年間続けられているのがわかる気がしました。

使われるお花は富山県産の20万本を越える色とりどりのチューリップ。
球根を大きく育てるために摘花されたお花から、花弁を丁寧にはずして使われています。
描かれるのは、毎回テーマにしたがって募集された原画による作品だそう。
今年のテーマが楽しみです。

雨天中止でありますが、この日は不思議にも好天に恵まれることがほとんどとのこと。

連休初日の29日はぜひ銀座みゆき通りへ足をお運びになってはいかがでしょうか。
ちなみにサウンドクリエイトでもイベント開催しています!

☆ハゼヤマ☆
2009年04月18日(土)

季節の便り


今年のはじめ、ご納品にお伺いしました弘前のお客様よりご連絡を頂きました。

「弘前の桜祭りが始まるよ」と。

以前、OCTAVE V80をご納品にお伺いした際は一月でありまして、どこもかしこも雪化粧。
岩木山も裾野まで綺麗に白くなってました。

それから3か月余り。
OCTAVE V80のエージングも進むにつれ季節も暖かい春へと。

弘前の桜祭りは、ねぶた祭り、もみじ祭り、雪燈籠祭りと季節の祭りの一つで、例年多くの観光客が訪れるそうです。

弘前公園の桜は日本一の規模を誇るといわれるそうです。
最初は津軽藩が25本の桜を京都から取り寄せ弘前城内に植えたのが始まりだと言われているそうです。
現在ではソメイヨシノを中心に、シダレザクラ、八重桜など50種類に及ぶ桜が2600本植えられていて、毎年この時期になると桜が咲き誇るそうです。

東京では桜が散り新緑の季節に向かっている今日この頃ですが、東京では満開の桜がちってもう二週間ほどたった日に、届いた桜の便りとでした。

三浦
2009年04月17日(金)

RADIKALのストロボ


今日はLP12が3台横並びに勢ぞろいしています。
それもSEバージョンで・・・・なかなか壮観です。

聴くほどにその凄さと全貌が明らかになるRADIKALとURIKA。

RADIKALは付属品としてストロボが付いています。
LP12本体のヒンジバックプレートに差し込んで使用します。

回転速度の設定には初回電源投入時10分間のランニングが必要で、その後は起動後10秒以内に自動計測する仕組みになっています。

これまで組み立てにはモーターの調整で正確な回転を出していましたが、調整なしで常に完璧なピッチの再生できるなんて凄い!

ストロボはあくまでも確認のため、ぜひご自身の目でこの精度をご確認ください。
(花木)
2009年04月16日(木)

続報!RADIKAL & URIKA


待ちわびていた『RADIKAL&URIKA』が到着して4日(定休日を除く)。

お客様の反応は1つ前のブログをご参照くださいませ!
毎回スタッフもいろんな曲をお客様と聴いては驚かされています。

プロトタイプよりも、漆黒の静寂さ故の奥行き感が抜群に優れ、こんなにも情感が表現できるのはやはりアナログならではなのか…と、改めてLINN LP12の凄さを思い知らされている毎日です。。。

お客様がおっしゃた言葉で「チェロの弓を引く前の音が聴こえる…!」。
それは“無”の音を示しますが、年間100回以上コンサートホールへ足を運ばれているお客様。その弓を弾く前の、観客が一瞬唾をのむ緊張感、それが確実に出ているというのです。
まさにそういうことだと思いました。


そして本日はご比較いただけるように、RADIKALのみアップグレードしたLP12SEセットをご用意いたしました。
KING OFフォノイコライザーと呼ばれているFM222 MK?もご用意しております。

アナログ好きな方も、まだ興味がない方も、ぜひぜひ聴いていただきたい。
絶対に聴いていただきたい!
お待ち致しております。

☆ハゼヤマ☆




2009年04月12日(日)

速報!RADIKAL&URIKA


前回(2月)に走った衝撃が再び・・・
「KLMAX LP12 Upgrade」(Radikal & Urika)がやって来ました!

スコットランド LINN のトップエンジニアがたった1日だけのプロトタイプデモンストレーションで鮮烈な印象を残して帰ってから早2ヶ月、今か今かと待ちわびての製品版入荷です。

前回の衝撃を未体験の Y様は、愛聴盤ご持参の上開店前からご来店の気の入れよう。
お客様が驚くことが判りきっているデモンストレーション、こちらとしてもやる前から楽しくて仕方がありません。

音の違いを判りやすくするために用意された LP12SE と KLMAX LP12。

まずは Y様もご愛用の LP12SE で試聴。静かで淀みの無い「バルトーク/2台のピアノとパーカッション〜」。聴き慣れた良い音にひとつふたつうなづきながら、すぐに Urhka&Radikalが装着された KLIMAX LP12 に。

「無音が濃い・・・!」

そこからは比較不要の愛聴盤試聴会。レコード盤を変える度に、「やられたぁ」とか「もうやめてください!」と冗談混じりに楽しまれていたY様も、圧巻の「武満徹」からピタリと集中。

最後の締めくくり「リンゴ追分け/美空ひばり」では、冒頭の語りから曲の終わりまで、その場にいた全員が身動きできないほどの生々しさ!!
スクラッチノイズまでもが心地よく、この時間が終わってしまうことを誰もが惜しく思う、素晴らしい音楽!

「これがウチに来るのか・・・」
Y様、最後の一言。

本日はご注文ありがとうございました。
(金野)
2009年04月11日(土)

DAVONEの聴ける「茶&音楽」アーベント


西落合に新しくOPENされた喫茶店「アーベント」。
当店、10年以上お付き合い頂いているH様のお店です。
「喫茶」と一言で言っても、紅茶や中国茶を専門とされていて、更に店内で音楽を聴くこともできます!

店内は、H様ご夫妻の好きなものが品よく飾られています。
飾り棚に並べられた沢山の可愛らしい茶器、壁にかけられた絵、かかっている曲、一つ一つに物語があって、H様のお話を伺いなら見ていると今にも動き出しそうなものたちばかり。

H様(奥様)はとりわけダージリンティにこだわられて、来店されるお客様には是非ダージリンティの奥の深さを楽しんでほしいとのことです。
香りや味を何回にも渡って楽しむ中国茶のほうが一見面白いように思われ、陰に隠れがちですが、ダージリンティははまると本当に奥が深くて楽しいそうです。
私は、紅茶は「ダージリン」「アールグレイ」「セイロン」「ウバ」・・・など、茶葉の種類があって、ブレンドが様々だから奥が深いくらいに思っていたので、「ダージリンティ」の奥の深さと聞いて驚いてしまいました。
ファーストフラッシュ(その季節に採れた初摘み)、セカンドフラッシュ、だとか、茶摘のシーズンだとか、様々にあるそうです。
でも安心してください。H様からは「あんまり難しく考えると、難しい世界になってしまうので、単純に味や香りを楽しんでほしいんですよ」と伺っております。

コーヒーや、紅茶をストレートで飲む楽しみを覚えたのは、そういえばオーディオを始めた頃からだったような気がします。
オーディオでも何でも、素材そのものの「素」の味は新鮮な驚きを与えてくれ、それを理解したい、何とかして誰かに伝えたいと、表現する言葉や喩えを駆使します。
香りや味や音など、五感で楽しむものは、本当に人生を豊かにしてくれると思います。

H様のダージリンティは、体の芯からホッとするようなお茶。
デンマークのDAVONEからありえないようないい音で音楽が流れる空間に、是非一度お出かけになられてみてください。

茶&音楽 「アーベント」
東京都新宿区西落合2−20−2サンバレー西落合2F
TEL 03−6915−3588
西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩7分
JR中央線 中野駅 北口バス(?江古田行)哲学堂公園入口下車徒歩1分
営業時間 15時〜21時
自分の好きなCDをかけてもらえるそうなので、お気に入りのソフトを持っていかれるのも楽しいかと!
(竹田)
2009年04月10日(金)

神代桜


東京の今年の桜は開花から寒い日が続いたので、例年になく長い期間楽しむことができました。みなさんはどちらか、お花見に行かれましたか?

私は二度目になりますが、山梨県北杜市実相寺にある神代桜をみてきました。

神代桜は樹齢2000年ともいわれるエドヒガンの古木です。

その日は天候もよく、遠くに南アルプスの山なみが望め、寺の境内には水仙の花も満開を向かえていました。

前回は4年の歳月にも及ぶ土壌改良工事中で主幹の頭には大きな櫓がくまれてあったのですか、いまではそれもなくすっきりと眺めることができました。

2000年以上もの間、この地に根をおろし毎年立派な花を咲かす神代桜を見ていると神々しい気持ちになり、逆にパワーをもらったようになるから不思議です。
これから先もずっと花を咲かせてもらいたいものです。
(花木)
2009年04月05日(日)

鎌倉へ


私事ですが、憧れの大都会“東京”の生活に2年弱で終止符を打ち、3月に古都“鎌倉”へ引越してきました。

前から何度か観光で足は運んでおり、海と緑を合わせ持った鎌倉が好きだったのでいつか住みたいと思っておりましたが、意外に早い移動となりました。

一番思うことは、やっぱり空気がおいしい!!!空気が甘〜いっ。
夜9時には周りが暗くなってしまう鎌倉は、夜遅く帰ってくる私には生活できるか少し不安もありましたが、そこは今まで田舎暮らしが長かったため、2日でなんとも思わなくなりました。

昼過ぎまで寝ていた休日も早く起きるようになり、海へ行ったり、自転車で近くをぶらぶらしたり。
音楽を聴く時間も増えました♪
ということでオールインワンシステムにアンプを導入♪
オーディオもゆっくりと楽しんでいこうと思います。

今から年に一度、ピンクに染まる素敵な季節になりますね。
東京はほとんど満開でしょうか。
鎌倉の八幡宮前の桜並木はまだ5分咲きくらいでした。
おいしいお店や、おススメの場所がありましたらどうぞご教示くださいませ。

☆ハゼヤマ☆

2009年04月04日(土)

LP12マイナーチェンジ度?


まもなく発売のLP12UPGRADE のRADIKAL(ラディカル)とURIKA(ユーリカ)。
どんな完成形となって発売されるか、いまから楽しみでしかたありません。


そんな折、、昨日LP12を組立しているとまたまた発見しました。


前にも書かせていただきましたが、本体側のコーナー補強のL字金具の形状がかわっています。以前は角のタイプだったのが、先端が丸い仕上げとなっています。音への変化はあまりないかと思いますが。検証が必要?


ロングラン製品だけにこんなマイナーチェンジは頻繁にあるようです。
(花木)

2009年04月03日(金)

ランチ


簡単にすませることの多いランチ。
痩せの大食いを地でいっているので普通のお弁当では中々満足できません。
近所にお昼時に行列のできるタンメンとチャーハンが有名なお店が有ります。

サウンドクリエイトの裏手にある、三原という中華屋さんです。

昭和の銀座の名残ある小さなお店ですが、回転も速く数分待てばすぐ入れます。
人気の秘密はやはり味と量だと思います。

前回行った時に隣の人が食べていたチャーハンが気になり、まだ試していなかったので本日チャーハンにチャレンジ。
どう見ても大盛りだったので、普通に大盛りを注文。
それが、いかに危険なことか考えもせずに、、、

出来上がって出てきたのは、ラーメンの器にごはんを大盛りに入れてそのままお皿にひっくり返した量!の大量のチャーハン。

昼間っから格闘モードにてなんとか完食。


B級グルメ好きの方、ぜひお試しを

(ちなみに写真は普通盛りです)

フジイ
2009年04月02日(木)

衝動買い


それは突然やってきます。

朝一番からお客様宅に納品&デモンストレーションに伺い、無事に一仕事終えてサウンドクリエイトには午後帰ってきました。
年度末だったせいか、その日は定休日だというのに半数以上のスタッフが店頭にいて忙しそうにしていました。
(普段は営業時間外の朝や夜にお客様宅に伺う仕事をしていますが、予定が立て込む年度末や年末などは定休日にご納品に伺うこともあります)

午前中のご納品を終えて次のお客様の準備をしていると、車&酒&時計&色々好きの多趣味スタッフの筆頭:Fより突然の誘い・・・

「○○通商のファミリーセールに行かない?」

○○通商はいくつもの有名時計ブランドを輸入する商社で、実はサウンドクリエイトとはお向かいさん同士。(ご存知の方はご存じですね)
以前愛用していた腕時計を手放してから2年以上、携帯電話を時計にしていました。

近いし(徒歩30秒)夕方のご納品までは少し時間もあるし、見るのは楽しそうだから・・

見ているだけなら蘇らなかった左腕の重量感。
ためしに腕にはめてしまったらもうおしまい、いただくことになってしまいました。秒殺。

皆さん、物欲刺激隊長のFにはご注意を。


(金野)
2009年04月01日(水)

街の風景


歴史の町、文化の町、ファッションの街、夜の街、レトロ。
銀座の街をこのように例えることがあります。
どれをとっても銀座の街の風景です。

確かに歌舞伎座がありデパートや海外ブランド店が軒を並べ俗に言う歓楽街もあります。
中央通り、晴海通りは休日は買い物を楽しまれる方で一層の賑わいを増します。
そんな表通りから少し路地を入ると昭和初期の建物も立ち並び、当初建てられたビルに画廊があるなど。
レトロな雰囲気も至る所で目にすることがあります。


銀座から晴海通りを海の方へ行く途中。
築地市場を右手に進み見えてくるのが勝どき橋。

この勝どき橋は、昭和15年(1940)に架けられた全長246mの橋で、航行する船の為に、1日5回、真ん中のから二つに割れて70度の角度に跳ね上がる日本では非常に珍しい可動橋だったそうです。
交通量や、大型船の通過が減った事を理由に昭和45年以降は、閉じられたままになっているそうです。

この勝どき橋を渡り隅田川沿いから見る街の風景が好きな私です。

三浦

最近の書込
[TOP]