SOUND CREATE EYES
2009年03月30日(月)

銀座に行くなら♪


当店にお出かけ頂く皆様へ。
折角ご来店頂くのですから、耳だけでなく舌も刺激するのはいかがでしょう。

この辺りで見つけた美味しい情報お知らせします!

昼間行くなら・・・
けなりぃ(韓国料理) TEL 03-6226-0630 当店目の前のビル地下1F
東京都中央区銀座5-11-13ニュー東京ビル B1F

本格派というよりは創作風の韓国料理のお店です。ですので、辛いのや香辛料のキツイのが苦手な方にも気軽に楽しんでいただけるのでは?
お勧めはランチバイキング!平日は1200円、土日は1500円で、食べ放題。
野菜をふんだんに使った様々な料理が何種類もあって、曜日毎に料理の内容が変わるので、連日行ってしまうことも・・・。
このバイキングは大変お勧めです!オーディオ愛好家の皆様がご存知かどうか・・・、奥様はかなりの確率でご存じだと思いますが、メークアップアーティストIKKOさんもよく来店されるとか。

魚がし 銀海(寿司)TEL 03-5537-7575 当店から徒歩2分
東京都中央区銀座6−12−1 第二寿ビルB1
築地から取り寄せた新鮮なネタで、美味しい上に驚くような安さ!
ランチは1000円程度で新鮮な美味しいお寿司を食べられます!!
週末なら11時から夜まで休み時間なしで営業されているので、当店ご来店の前でも後でも途中でもお出かけ頂けます。

音楽を聴いた後に、ちょっと一杯・・・
福光屋(酒屋)03-3569-2291 当店より徒歩7分。
東京都中央区銀座5-5-8 1F
金沢の酒造元が出しているアンテナショップの酒屋さん。
東京では、銀座の他は玉川高島屋でしか買えません。
酒造元の直営だけあって、安くておいしい!(そればっかり・・・)
試飲できる立ち飲みバーがあるので、軽く1杯アペリティヴにいかがでしょう。
店頭では、センスのよい酒器も販売されていて、見るだけでも楽しいです。

夜ごはんはどこにしようか・・・
荻−TEKI−(串焼き)03−3574−9415 当店より徒歩5分
東京都中央区銀座5-9-19銀座MCビル4F
元々人形町の店ですが、ここの串焼きは大変お勧め。
つき出しの野菜だけでも、新鮮な素材にこだわっているのがわかります。
ワインともあう洒落たメニューですが、他の店にはない美味しさがあります。

函館呉竹(寿司)03−3574−5508 当店より徒歩5分
東京都中央区銀座6丁目12-12
北海道寿司。東京では中々食べられない珍しいものを、ニコニコ顔の店主の勧めのままついつい食べ過ぎてしまいます。こちらは当店とほぼ同じころに銀座にお店を出されました。
松坂屋の2本裏手で北海道を食べられます。

まだまだいろいろありそうな5丁目界隈。
新しい情報、また当ブログにてお知らせいたします!
(竹田)
2009年03月29日(日)

オーディオ小僧


最近「オーディオ小僧の食いのこし」という本が刊行されました。

今はなき週間[FMfan]に2001年からの連載をまとめたものです。
いまでは「オーディオ・ベーシック」に移り、現在も連載が続いています。

70年代オーディオ全盛の時代から近年まで・・こんなことが、そういえばあったなどと懐かしさとともに思い起こさせてくれます。

リアルなイラストとみんなそうだったなぁ〜と妙に納得させられる文章でニヤニヤしてしまします。

著者と同じ当時オーディオ小僧だった同世代もいまや堂々のオヤジ世代。

年を重ねても今も昔もオーディオは本来、楽しいものだと教えてくれます。
(花木)

2009年03月28日(土)

準備


もうすぐ我が家にやって来るスピーカー「DAVONE/rythm」を迎え入れるにあたり、準
備と対策を思案中。

今までのシステムとは、機材構成がガラリと変わるため、レイアウトから考え直しで
す。

セパレート(パワーアンプのみスピーカー直近に設置+入力系統は手元)のレイアウト
から、プリメインアンプ中心の構成になるため、一極集中型に。

手元にするべきか、スピーカーの間に置くべきか・・・
どちらの音が良いかは、結局のところ実際に音を出してみないと判断がつかないので
すが、事前にあれこれ考えるこの無駄な時間が楽しくてしかたありません。
一方、もうひとつ考える必要がある、長女対策は難航。
すっかり落ち着いて、一緒にレコードを聴ける聞き分けの良い長男(5才・ジョンレノ
ン好き)はオーディオが変わることを一緒に楽しんでくれそう(笑)。
問題は、イタズラ盛りの長女(1才8カ月・EXILE好き)。

全てにおいて「要求貫徹」の姿勢を崩さない長女は、長男から「かいじゅう」と恐れ
られているのです。

部屋に入れなくしてしまうのだけはあまりにも可哀想なので、色々と策を練っていま
す。

諸先輩方、どなたかお知恵を頂けませんでしょうか?

いずれにしても、「トンネルゴッコ」の餌食になることだけは間違い無さそうで
す・・・


(金野)
2009年03月27日(金)

ケトル



私をご存知の方は、私がキッチンツールや料理にまったく興味がないのは周知のことですが、最近ヤカンを買いました。

購入したのは柳宗理のケトル

デザインの良さ。
それだけで選びました。

ツヤありとツヤなしの2種類があるのですが、ツヤなしを選択。
工程の違いなのか、ツヤなしのほうがちょっとだけ価格が高かったです。

このヤカン、1953年にお湯が早く沸くヤカンとして発売されたのが最初のようですが、当時よりデザインが少しシャープになっているような気がします。

実際、結構速くお湯が沸きます。


柳宗理のキッチンツールは色んなバリエーションがあり、かなり楽しいです。


フジイ



2009年03月26日(木)

深夜の魔の手


この表紙、見たことございませんか?
夜更かし組の方は何度か目にしたことがあるのではないでしょうか。

先日の深夜、さてアイロンでも掛けたら寝るか〜と思っていた時に、TVから流れる曲に「あっ、この曲しってる♪」「これも♪」「あ、聴いたことある♪」と思う回数が多く、手を止めてTVを見てみると、深夜にありがちなテレビショッピング。TVショッピングでCDは初めて見ましたが、最近ではよくあるそうですね。

とても惹きつけられる昔の曲ばかりで、5枚のアルバムに20曲ずつ入っており、どれも一度は耳にしたことがあるけれど題名はわからない(私目線ですが…)というような素晴らしい&楽しいコンピレーションアルバムです。
シナトラからプレスリー、サラボーンやアダモなどなど、名曲の数々。
私は現物を確認しないと心配なほうなので、TVショッピングなどはどこか少し心配で一度も利用したことはなかったのですが、見事に深夜の魔の手にハマってしまいました。

次の日の朝、この世代に強いスタッフ竹田さんにTVショッピング並みにアピールをし、1セット注文。
一部モノラル録音が入っていたりと映画に使われた曲も多く、けっこう楽しめます。

録音に関しては良い、悪い、いろいろありますが、
音楽好きな方はぜひ。


☆ハゼヤマ☆
2009年03月25日(水)

体は知っている 2


休みの日、皆さんはどう過ごされますか?
やはりオーディオ三昧でしょうか???

私は、とても規則正しく、いろんなことが出来てよい過ごし方をした休みと、起きたら1日の半分を無駄にしてしまって自己嫌悪に陥る休みと、2つのうち1つ。白か黒かみたいな感じです。
昨日火曜日の休みは後者で、記録更新何と起きたら14時!!!
がっくりしてしまいながらも、寝起きの体は普段よりスッキリしていて、あれ?もしかして体にはよかったのかな、とすぐに甘い自己評価を下すダメ人間。
しかしながら、やはりよいわけはなく、起きるはずの時間からここまでロスしてしまうと、やるはずのことが出来ないのと、頭の回転が悪いのとで、色んなところでひずみが出ます。
変な時間に起きたため、食欲があるようなないような、いい加減なものを口に入れて、朝のうちにやるはずだったことを済ました頃には日が暮れかけて、とっても時間を無駄にしてしまった罪悪感と焦燥感でいっぱい。
気が付けば、何となく体の調子もよくない。
体の各部署とミーティングした結果、統一見解としては、「お腹が空いている・・・」でした。

以前から行ってみたかった、自宅近くのイタリアンレストランの開店とともに入店し、座る間もなく注文し、目の前に出されたスパークリングワインを一口。
ギュッと空腹の胃が刺激され食欲が沸いてきて、いつでもカモン!
一日千秋のような空腹状態で、出された前菜は「煮たり焼いたりの野菜サラダ」。
カボチャや、いんげん、アスパラ、カブ、人参、ルッコラなどなど、色とりどりの野菜が綺麗に並べられ、見るなり「あ〜ほーんと人間食べなきゃだめだな。」と心底感じました。
食事というのは、視覚が脳を刺激し体全体に食欲を促すので、例えばお惣菜でも、パックのまま食べたりせず、気に入ったお皿に美味しく見えるように盛られているだけで、栄養の吸収の仕方が違うと、TVか何かで見たことがあります。
これ、本当だなと体が頷いている感覚。

以前も書いたかもしれませんが、夏のある日イタリアの小さな町のバールで、木々の間から射す夕暮れの陽の光を感じながら、オリーブやポルチーニをつまみ、飲んだビールは極上の味。全然贅沢な食事ではないのに、こんなに美味しいものってあるだろうかと。一緒に飲んでいた同僚の「体が喜んでるな〜」という呟きに感覚的に心から賛同したのを、今でも体は覚えているようで、昨晩も「体が喜んでるな〜」と感じました。

空腹が満たされると同時に、色んなことを思い出したり、思いついたり・・・。
脳に血がめぐってきたようです。
食べ過ぎた食後には、薬草酒のAMAROを。銘柄は飲みなれているAVERNAで、何とか取り戻した休日の夕暮れ。
来週こそは早起きしよう、と心に誓うのでした。
(竹田)
2009年03月23日(月)

伊予ヶ岳


房総半島にはもともと高い山はありませんが、南房総にひときは異彩を放つ房総のマッターホルンと呼ばれる山があります。

標高336,6mの伊予ヶ岳です。
ふもとまでいかなければその威容は望むことはできません。

東京タワーより少しばかり高いこの山は頂上まで往復2時間もあれば登れる山です。

登山道は柵が設けられかなり整備され快適な登山が楽しめます。

はじめは民家の隣を抜け里山の風景を楽しみながら進みます。今の季節は満開の菜の花畑を脇に見ながら、次第に山道に分け入ります。

途中、東屋がある展望台がありここで一息、眼下には登ってきた県道、隣山の富山(双耳峰)も見えてきます。


ここからは伊予ヶ岳の頂上が見上げれます。
そして距離はありませんが、本格的な登山道が頂上まで続いています。
急傾斜の尾根道で岩あり、鎖、ロープありで結構楽しめます。
低いからとて馬鹿にしてはいけませんよ。

頂上からの展望もすばらしく、西に富山その先に海が広がり、遠くに富士山、三浦半島も眺められます。
小さくても楽しめる山、体力に自信のない方でも大丈夫です。

これから花の季節、房総へ行かれる方も多いのでは。
週末アクアラインの通行料も千円になったと聞き、ますます近い房総になりそうです。
(花木)
2009年03月21日(土)

8人の23分間。


最近、見た映画の話です。

「バンテージポイント」。

主演デニス・クエイドのほか、ドラマ「LOST」の主演を演じたマシュー・フォックス、フォレスト・ウィッテカーなどのキャスト。

この映画は暗殺事件の目撃者8人の異なる視点から大統領暗殺の15分を描き出すタイムリミット・サスペンスです。

スペインの広場で首脳会談が行われている中、演説を開始した直後の米大統領を打ち抜いた一発の銃弾。
国際テロ対策の会談中の厳重な警備の中で、その事件は起こりました。

その目撃者、8人の異なる視点と8つの異なる地点、立場。
8人の目撃者と8つの時間は異なっているはずなのですが、真実を付きとめていくと・・・
現場にいたシークレットサービスのトーマス・バーンズがその真相を暴いていく。

この映画が面白かったのは、8人の時間がたった23分だけなのです。
8人の目撃者の23分間の行動、見たもの、立場が最終的に結びついていく。
23分間のリアルタイムサスペンスでした。

三浦
2009年03月20日(金)

待ち遠しい。


オーディオを選ぶ時の、何とも言えないワクワクと高揚感。

数年振りに味わっています。

「デンマークの音」を意味する、Davone との出会いは昨年、思いかけないかたちで
の初対面でした。

Davoneと同じくドイツのOCTAVEの輸入元・フューレンさんから「OCTAVEのフラッグ
シップ・プリアンプ(Jubilee Pre)が入荷しました。凄く良い音ですよ!」との知ら
せを受けて、聴かせてもらいに訪ねた時、鳴っていたのが Davone rythm だったので
す。

とにかくその時の音、溢れ出る音楽性に打ちのめされた夜、「なんて凄いプリアン
プ・・・!!」
と、電卓をたたきながら溜め息をついたものでした。
その後、新規ブランド取扱い開始ということで、輸入元のデモンストレーションで店
頭に持ち込まれた Davone と再会した時、初めてその実力を知ったのでした。

誰にでも「あぁいい音」と言わせてしまう魅力は、オーディオは値段や、重さや、大
きさや、マテリアルや、理屈だけではない!
と改めて思わせてくれるのでした。

極めて私的なご報告ですが、導入決定。

(金野)
2009年03月19日(木)

JBL4350とTechnics SB-10000


久しぶりに対面しましたJBL4350とTechnics SB-10000。


どちらも20年前以上のモデルでJBLはまだまだ現役でお使いの方もいらっしゃると思います。

さすがにJBLはいまでも人気モデル、かたやTechnics SB-10000はいまではめったに見かけることの無いモデルです。

もしかしたらこの2機種が近日入荷の可能性がでてきました。(乞うご期待)


現在のアンプで鳴らしたらどうなるか。今から楽しみです。
(花木)
2009年03月16日(月)

コンサート


昨日、突然のお誘いでお客様のF様のコンサートに行ってまいりました。

来年は結成10年となるF様のバンドベストアルバムも出され押しも押されぬ超人気バンド。

お忙しい中のお誘いに感謝です!

2日間にわたるコンサートの最終日でしたが、会場は超満員。

意外と年齢層が広かったのが印象的でした。

ヒットナンバーも含め次々と歌われ、興奮した会場は熱気の渦へ、、、

実は、最近車の中で聴いていることが多い(カラオケ用)ので、たいへん楽しめました!

F様ありがとうございました。

フジイ
2009年03月15日(日)

日本一


本日、お伺いしたお客様宅のベランダから、雪化粧をした富士山山頂から五合目程がうっすらと展望できました。

東京より東よりの場所でしたので富士山を望むことができるとは思いませんでした。

さすが、日本一高い山「富士山」。

たまたま見つけたインターネットでのウィキペディアでは「日本一」というページがありそこを見ていたら、なんだか面白くなりました。


日本一高い山 富士山 3,776m、日本一低い山 天保山 4.35m。
日本一長い川 信濃川 367Km、日本一短い川 ぶつぶつ川 13.5m。
日本一の最高気温 埼玉県熊谷市 40.9℃(2007年8月16日)、日本一の最低気温北海道 旭川市 −41.2℃(1902年1月25日)。
などなど。

様々な日本一が乗っておりました。
色々なジャンルの日本一がありますので是非、お時間があったら見てみてください。

写真は勿論、富士山と信濃川です。

三浦
2009年03月14日(土)

やってきました、超小型!


少し前に入手した、NuForce のインナーイヤーホン(カナル型)・NE-8。

はじめのうちは、中高音域のアタック音に少々硬さがあったものの、見る見る(聴く聴く?)ほぐれて伸びやかになり、ダンピングの効いた低音とあいまっていよいよ楽しくなってきました。

そして、本日入荷の超小型ヘッドフォンアンプ「i-con mobile」
まさにカード型の超小型ヘッドフォンアンプです。
この中にNuForceのテクノロジーが詰まっていると思うと期待が膨らみます。

ポケットに忍ばせてしまうと、持っているのも忘れてしまいそうな小型軽量で、ケースはアルミパネルと樹脂ボディーの2ピース構造。
i-podなどとバンドで束ねて使用することを考慮してか、樹脂製ボディーのテクスチャーはゴム状で傷がつきにくくなっています。

電源スイッチも無く、ヘッドフォンやイヤホンのジャックを挿入すると回路が働く仕組みになっているようです。

良い具合にエイジングが進んだ、NE-8とi-pod touch の間に早速接続。

その違いは明らか。
解像度とクリアさがかなり向上。静けさを増しながらもダイナミックにドライブしている感じです。
ゲイン切り替えも装備しているので、ゼンハイザーやAKG、SHUREなどいろいろな仕様のヘッドフォン/イヤホンに適応することも考えられています。

純正組み合わせのNE-8の場合は”GAIN+”が良いようです。

今のところは”慣らし運転”ですが、通勤時にモバイルプレーヤーをご愛用の方は、是非お試しを。


(金野)
2009年03月13日(金)

贈りもの


2,3日前からデパ地下に背広を着た男性の姿がチラホラ。異色な雰囲気です。
そう、明日14日はホワイトデー。
今から30年以上前にお菓子業界が始めた風習。
デパ地下に居られる殿方は、心なしか楽しそうな嬉しそうな表情。
人は誰かに贈りものを贈るのが好きな動物なのかもしれません。
誕生日、クリスマス、お中元、お歳暮、バレンタイン、ホワイトデー、などなど。

そういえば、音楽を贈りあう日なんかあってもよいのにな・・・と、急に思ったりして。
もちろん誕生日やクリスマスに、CDやDVDを贈ったことがある方も多々あるでしょう。
それとは別に、設定したい「音楽を贈りあう日」。
こんなに音楽が毎日沢山の人に楽しまれているのだから、あってもよいと思いません?
形式はなんだってOK。
CDでもアナログでも、好きなナンバーを入れたCDロム、奮発して数枚のアルバムを入れたI POD。配信の音楽データなら遠くにいる相手でも。歌が得意なら歌ったっていいわけです!!
学校の先生なら、先生から生徒へ聴かせたいナンバーを授業で流したり・・・。
それだって十分「贈り物」。

学生の頃、英語の先生が必ず授業のあたまにスタンダードナンバーをカセットデッキで流してくれました。
毎月1曲。かけたナンバーは、ビートルズやカーペンターズ、サイモン&ガーファンクル、ブラザーズ・フォアの「7つの水仙」、バート・バカラック、ブレンダ・リーや、アンディ・ウィリアムズなどなど。
スタンダードと言えども、触れたことがなければ知らないで終わってしまうかもしれない歌の数々。今思えば沢山の贈り物だったなぁ、と。
家に帰って、得意げに両親に話すと「もちろん知っているよ」と、レコードを出してくれたのを覚えています。(当時の自宅のシステムは自動で針がレコードに落ちる仕組みのポンコツミニコンポでしたが・・)

音楽って、どのような形にしても人に贈ることが出来る素晴らしいものですよね。
ソフトもハードも、あるいは音楽自体も、多種多様に形式や形態が変わり行く今の世の中で何ら変わることがないのは、「人が音楽を愛する」という気持ちではないのかしら。
音楽を愛するゆえハードを大切にされる皆様が率先して、誰かに音楽を贈ってみてはいかがでしょう。
素敵な波紋が生まれるかもしれません。
(竹田)
2009年03月12日(木)

在庫一掃処分セール


明日13日(金)より店舗増設に伴います倉庫の在庫一掃処分セールを開催致します。

今回は当店に眠っていた在庫を中心に中古品、最新の展示品までを大放出。

なかには試作品で作成した超レアな製品もあったりします。

竹製SPブロックベース(\20,000)をはじめ、LINNのSPケーブル各種(\2,000)などなど。


クアドラスパイア・タブラのラックは特に狙い目です。
普段ちょっと高くてどうしても・・・少し安くなったときに買おうとお考えの
方には今回のセールをお見逃しなく。


会場は6階特設会場となっております。
皆様のご来店お待ち申し上げております。
(花木)
2009年03月11日(水)

明日発売、ステレオサウンド


ステレオサウンドが発売より1日早く到着しました。(明日発売!)

毎回、当店の広告ではお客様に何をお伝えしようかとスタッフ皆で考えて記事にしておりますが、今回のステレオサウンドでは、春も間近ということで【サウンドクリエイトの旬】と題して、当店一押しの商材をご紹介させていただいております。
スピーカ―部門では「Verity Audio」、アンプ部門は「OCTAVEプリメインV80」。プレーヤーは断トツで「LINN DS」でしょうか。今回の記事では、スピーカーとアンプを主にご紹介。ぜひご覧ください!

今、当店では何度もこのブログでもスタッフが絶賛している真空管プリメインアンプ「V80」にVerity Audioの「RIENZI」というミドル級クラスを展示しております。
最近まではその前に位置してセッティングしているAnthony Galloや、新製品の小型スピーカーなどを主に鳴らしておりましたが、ステレオサウンドの発売に合わせて、日中「RIENZI」をセッティングすることに。
以前セッティングしたころ(と言っても2週間ほど前ですが)に比べてDSのLAN環境や電源環境を一掃したこともあり、また一味違って聞こえる、というかパワーが凄い!!
価格帯にしては小さめのシルエットですが、大型スピーカーに負けないくらいの力で鳴り響きます。
今まで置いていた竹の反射やルームチューニングも大幅に変わりそうで、試行錯誤しながらセッティングしていましたが、それが楽しいんですよね!

音って毎日違い、特に最近のような季節の変わり目は乾燥だったり湿気だったりと、コロコロと変わりますよね。
毎朝の出勤時、6Fのエレベーターが開いた時から音が聴こえ、6Fから7Fへの階段を昇りながら、7Fの店舗から漏れて耳に届く音で、少しコンディションを確認しつつお店に入るというのが、いつの間にかの日課となっております。
何も思わない日もあれば、階段を昇りながらリズムを刻めるくらい状態のいい日もある。「あれっ…今日はセッティングに時間がかかりそ〜…」などと思う日もあったり。

少し話はずれましたが、
「RIENZI」まだ完全ではありませんがいい感じに鳴っております。
明日にはソナスファベール、Cremona Mも期間限定で試聴できますので、ぜひ同価格帯を比べてみてください。
それぞれの特徴が出ておもしろいです。


☆ハゼヤマ☆
2009年03月08日(日)

WHISKY


先日、久しぶりに都内のバーへ行ってまいりました。

最近ハマっていたのは、BENRIACH。
BENRIACHは1965年にグレンリベットに買収された後、グレンリベットがシーグラムの傘下に入ったため、同時にシーグラム傘下となった蒸留所。

BENRIACHのオフィシャルボトルは長い間販売されたことがなかったのですが、1994年徐々に発売されるようになり、最近はオフィシャルの色んなバリエーションがあり楽しめます。

最初に飲んだのは、コニサーズチョイスの1969年もの、期待が大きかったのですが、これはイマイチ。次にわかりやすいモダンマスターズBENRIACH。これはやはり美味かったです。

次にマスターのお勧めで出てきたのが、イタリアのボトラーズのSAMARORIのBOWMORE1966!

SAMARORIのビンテージは今まで何度か頂きましたが、生涯ベスト3に入るぐらいの美味さでした。
日本に何本あるかわかりませんが、もしあれば飲まれたほうがよろしいと、、


フジイ

2009年03月07日(土)

マジック



LINN PRODUCTから作り出されるコンポーネントには、少々変わった製品名がつけられることが多々あります。

AKIVA(アキーバ)、NINKA(ニンカ)、KATAN(ケイタン)、PEKIN(ペキン)KREMLIN(クレムリン)、CHAKRA(チャクラ)などなど。

現在、LINNのコンポーネントシリーズでプレーヤーからスピーカーまで取りそろえているLINN MAJIKシリーズもその一つ。

この意味合いは、その名の通り「魔法」。
マジックを見た人が驚く顔をするように、LINN MAJIKシリーズで音楽を聴いた人も驚いた顔をしてほしいとの願いから名付けられたそうです。

先日、ご納品にお伺いしたお客様のシステムはLINN MAJIKシリーズ。
MAJIK CD、MAJIK i、MAJIK140といったシンプルなシステム。

セッティングを終え、お客様が普段お聴きになられているCDをかけてみると・・・
びっくりした顔をなされました。
これこそ「マジック」。

マジックというエンターテイメントを見て驚いて笑って楽しむことと、音楽というエンターテイメントを聴いて感動して楽しむこと。
魔法にかかった瞬間でした。

三浦
2009年03月06日(金)

レコード新入荷!!


本日、朝お客様のお宅へ直行し店に戻ると、当店長老花木さんより「レコード入ってるよ!」と嬉しい知らせ。
「ヤタッ!もう来たの!?」
一昨日頼んだばかりのレコードがもう届いたとのこと。
それにしては箱が大きい。
そう、注文していた分全てが入荷いたしました!
待ってたよ〜!!!

ミーハーなワタクシがほとんど独断と偏見で仕入れておりますレコードは、入荷のお知らせをすると何名かの方が気に入ったものをまとめてお買い上げくださったり、新規に、あるいは久々にご来店の方が1枚、2枚とお持ち帰りになられたり・・・。
スペースの関係もあり少ない数で、気に入ったものしか仕入れていないレコードが1枚づつ売れていくのは、小さいことですが嬉しいものです。
あの方はこういうのが好きなんだ、など知っていくうち、次回の注文時に色々な方の顔を思い浮かべながら選ぶのもまた楽しいひと時。
また、レコードはジャケットが美しいので、入荷した時の喜びはとても大きい!
以前、エラ・フィッツジェラルドのLPが、大好きなビュッフェのジャケットでシリーズで発売されているのを見て感激しました。こちらは注文中ですが、気長に待ちましょう。

今回のエラのレコード(写真参照)は、ハロルド・アーレンの歌を集めたアルバムで、「降っても晴れても」や「Let’s Fall in Love」「Over the rainbow」が収録されている、とても素晴らしいレコードです。
グルダとアバドの演奏のモーツァルトのピアノ協奏曲20番、21番は言わずと知れた名盤。
ワルツ・フォー・デビーは、買いはぐった方へ。
その他、プレスリーやマイルス、シュープリームスなど。
バイロン・ジャニスのピアノが素晴らしいラフマニノフ、ピアノ協奏曲も再入荷しています。前回お求めになれなかった方はぜひ!

次回は何を注文しようかな。
リクエストあれば是非お待ちいたしております!
(竹田)
2009年03月05日(木)

「新しい潮流」


新譜情報がないかと、久しぶりに LINN Records のwebサイトをチェック。

ナチュラルで刺激音の無いLINN records 録音は、店頭でのデモンストレーションにも耳当たりが良く、爽やかな印象。
マイナーレーベルならではの「売れ線」に走らない企画や、決してメジャーではないなアーティストの気に入った曲に出会う事は、フレッシュな感覚を与えてくれます。
マイナー

久しぶりにページを覗いてみると、大きな変化が!

ダウンロード販売のタイトル一覧に、「Frank Sinatra」や「Sara Vaughn」、「Louis Armstrong」 などが名を連ねているのです!

良く見てみると、他社レコードレーベルが多数、LINN Records に参加しているようで、それぞれ一押しのアルバムを複数リリースしています。
データ形式はもちろんLossLessで、中には「Studio Master quality」のものも含まれています!

少し調べてみると、LINN が積極的に色々なレコードレーベルに声をかけて集めたのではなく、「集まってきた」のだそうです。

ハイファイメーカーだけに留まらない、音楽の新しい潮流に期待大!!


個人的には、学生時代にコピーバンドをやっていた「Thin Lizzy」の未発表音源に感涙でした。


(金野)

2009年03月04日(水)

BLACK KLIMAXがやって来た!


これまでLINN は特別な記念モデルという製品はありました。
25周年のLP12・CD12の発売と、その年のモデルには記念のエンブレムがつけられました。

そして今回LINN創業以来でしょうか。限定と名の付く、記念モデルは。
そのKLIMAX シリーズ10周年記念モデルがいよいよ発売になります。


オーディオ製品に限らず、限定モデルとなると気になってしょうがありません。

実用的には何一つ変わりないのですが、全世界で30台限定なんてことを聞いてしまうと・・・・・。


選ばれし3機種はKLIMAX DS /KLIMAX KONTROL SE/KLIMAX CHAKRA TWIN。

とうとうやってきました!
やってきたのはKLIMAX DSとKONTROL SE。
製品本体の底にはアイバーのサインと通常のシリアル番号のほかにリミテッドエディションの通し番号がつけられています。

正面右下に目をやると、最初はキズかと思いきやここにもサインが。
また一番の違いのブラックアルマイト仕上げはなかなかのもので新鮮にうつります。
スリムな筐体がさらに贅肉をそり落としたように光り輝くから不思議です。

ぜひ一度、実物をご覧いただいたほうがいいかと思います。
(花木)
2009年03月02日(月)

Anthony Gallo REF? × OCTAVE V80


今日の閉店後、久しぶりにスピーカーAnsonyGallo REF?を鳴らしてみました。
OCTAVE V80(プリメインアンプ)が来てからというもの、このアンプでドライブしてはスピーカーの本来の良さを改めて実感し、小型から大型までいろんなスピーカーが来るたびに、「とりあえず…V80で!!」という流れが多ほど人気のV80。前々から、V80で鳴らすGallo REF?が聴いてみたかったのです。

セッティングしたところ、やっぱり思い知らされたGalloの良さ。。。
あるスタッフは「Karla BonoffのThe water is wideの終盤はコーラスでジェームステイラーとガースハドソンが入ってくるんだけど、ガースハドソンの声がなかなか引っ込みやすいんだけど、これはハッキリ3人が居るのがわかる!」
あるスタッフは「不思議なことにREF?って、これでしか聴けない音があるんだよね…。なんというか、「人の声」がする。」とのこと。
いろいろな曲を聴きながらいろんなセッティングをしてみましたが、Anthony Galloって一言で「楽しい!」と思わせてくれるスピーカーなのです。
セッティングがうまくいけば、空気感、音場がスバ抜けて素晴らしく、バシッと決まる瞬間があるのです。定休日前だったので遅くまであれやこれや遊んで帰りました。
しばらく鳴らしていなかったので、エージングが進めばもっと良くなるはず、と思うと水曜日にどんな音になっているか楽しみで楽しみで、後ろ髪ひかれつつお店を後にしました。

☆ハゼヤマ☆
2009年03月01日(日)

お客様宅訪問



本日は一日、あるお客様のご紹介で、神奈川のK様邸にお伺いしてきました。

K様のリスニングルームはステレオサウンド168号にも掲載された石井式リスニングルーム。

写真では拝見していましたが、Y様のご紹介で今回お伺いできることとなり、楽しみにしていました。

システムは超ハイエンド。
ソナスファベールのStradivariHomageが3本(センター用に1本特注!)リアはAmatiHomage。それをFMアコースティックの811,115×3で強力にドライブ。
入力系もFM266,レビンソンのNo40,メトロノームKalista Reference,LP12!!

いろんな方が集まっての試聴体験する形で、それぞれが持ち寄ったいろんなジャンルのソフトを聴かせていただきました。

ステレオ、マルチチャンネル共に高度にバランスされ、愛情の注がれたシステムは非常に素晴らしく、貴重な体験をさせていただきました。

K様、Y様本当にありがとうございました。

フジイ
最近の書込
[TOP]