SOUND CREATE EYES
2006年10月30日(月)

ガラスCD“Extreme HARD GLASS CD”



ご存知の方も多いと思いますが、先日 N&F 社のレーベルfine NFより、ガラス製のCDが発売されたそうです。

従来のCDが基材にプラスチックを使用するのに対して、Extreme HARD GLASS CDはカメラや望遠鏡、高級めがねなどに利用される超精密光学強化ガラスを採用しています。 

CDは盤に張られた情報をレーザーで読み取って音にします。
現在のプラスチックの盤は透明度が完全ではないため読み取りも不完全。これに対し、ガラスCDは完全に透き通っており、複屈折が無く読み込みレーザーの効率や、S/N比の向上を図れるのです。
確かにCDソフトは少しの傷やほこりでも、音質が変わってしまうのですから、読み取りやすい基材を使うということはとても理に適っていますね。

また、ガラス基材の使うことにより、温度や湿度によってディスクが歪んでしまったり、音質が劣化してしまうということがないので、いつまでも同じ状態で音楽が聴けるのです。
開発者の方は孫子の代まで大切に使われるCDを作りたいと思い、この CDを開発されたのだそうです。

私はまだ聴いたことも、実際に見たこともないのですが、このガラスCDの第一弾として「衝撃のfine NFクリスタル・サウンズ」というオムニバス版が発売されているようです。インターナショナルオーディオショーにもお目見えしたり、既に試聴が出来るお店などもあるようで、お聴きになられた方もいらっしゃるのでしょうか。
先日ガラスCDをご試聴されたお客様から貴重なご感想を頂いたのですが、
普通のCDと同じソースで比較して、驚くほどの違いがあり、「これが聴きたかったんだ!」と断言できるほど、音楽のニュアンスをストレスなく味わえる音だとおっしゃられていました。 早く聞いてみたいです!

このCDは一枚一枚手作りで仕上げられているそうで、お値段がとても高価なガラスCDですが、第2段、3段と発売をされ、受注が増えてくれば、価格も下がってくるそうです。

こうしたソフトが世に普及し始めると、また一つ、音楽ライフが楽しくなりそうですね。

田中



最近の書込
[TOP]